USBメモリは、今や大容量でとっても便利。でも企業では使用制限があります。

こんにちわ。

ネットの閲覧等々しかやらないとあまりお世話になることはないのですが、ワープロをしたり、表計算ソフトを使ったり、写真の画像を保存したり、音楽データをダウンロードしたりと、色々とデータを持つようになるとお世話になるのが、外部記憶装置です。

その中でも、USBメモリは持ち運びに便利でお世話になっている人も多いと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




USBメモリについて

USBメモリですが、海外ではUSBフラッシュドライブと呼ばれています。

USB端子に接続することでコンピュータに接続してデータの読み書きを行う半導体メモリを用いた補助記憶装置なんですが、別途メモリーカードやリーダライタを必要とせずに単体で動作するものを言います。

一般的な製品の大きさは、長さ数センチメートル、幅と厚さはUSB A端子より若干大きい程度です。

2004年前後から急激に普及しました。

SDカードと同様に持ち歩ける大容量フラッシュメモリの主力として用いられています。

当初はUSB A端子にてコンピュータと接続するタイプがほとんどでしたが、スマートフォンやタブレットの普及に伴い、最近ではmicro B端子のUSBメモリも販売されています。

一方、これだけ普及していますが、欠点がないわけではありません。

USBメモリは、フラッシュメモリですのでその性質上、情報を長期に渡って保存したり頻繁に書き換えての使用には適さない記録媒体です。

そのため、何度も書き換えすると劣化しますし、保存期間が長くなるとやはり劣化します。

また、USBメモリの抜き差しを繰り返すと、端子が摩耗したりします。

その他にも、使用されるファイルシステムによって容量の制限があったります。

USBメモリの用途

データを保存したり、複数のシステムの間でデータを持ち運ぶ用途以外にも下記の用途で使用されています。

OSのブートデバイス

HDDの代わりにUSBメモリにOSをインストールし、それを起動ディスクとすることができます。

OSのインストール用メディア

Windows 8以降のWindowsでは、USBメモリにインストールメディアを作成し、作成したUSBメモリからPCをブートさせ、PC内のHDDやSSDにOSのインストールを行うことができるようになりました。

アプリケーションのインストール

Firefox Portable(ブラウザ)などのアプリケーションをUSBメモリにインストールし、HDDに影響を及ぼすことなく実行するときに使われます。

ソフトウェアの頒布媒体

商用アプリケーションを頒布する媒体として、CDやDVD等ではなくUSBメモリを用いるようになりました。

ドライブが不要なほか、CDやDVDを媒体とするのに較べて店頭の陳列スペースを取らない、ダウンロード販売と比較してネット環境が制約されるユーザーにも提供できるなどのメリットがあります。

キャッシュメモリ

USB2.0以降のインターフェースを持つ高速USBメモリの記憶領域をHDDに対するキャッシュメモリとして使用し、HDDのデータの一部をUSBメモリに格納してHDDアクセスを高速化することが可能になりました。

などなど。。。

ちなみに容量ですが、2017年時点で32GB、64GBあたりが主流になっています。

Windows10のバックアップのブートドライブに使用場合で16GB以上のUSBメモリが必要ですしね。

企業での使用制限

USBメモリは、今や大容量でとっても便利です。

ですが実は企業では使用制限をかけている会社がたくさんあります。

理由は、情報漏洩とウィルス感染です。

USBメモリは小型で持ち運びが容易なため、どうしても紛失や盗難の危険性が高く、個人情報漏洩など、機密情報の漏洩に繋がりやすいです。

そのため、一般的には企業のパソコンにUSBメモリを差したり、USBメモリでデータをコピーして持ち出したりすることは禁止されていることが多いです。

禁止されていない場合でも、暗号化ソフトを使用したり、デバイスにロックを書けることが必須になっており、企業それぞれのセキュリティ対策が実施されています。

また、USBメモリを介したウイルスの伝播も問題となることが多いです。

Windowsのパソコンで、USBメモリのアイコンをダブルクリックしたり、あるいは自動実行が設定されているパソコンにUSBメモリを挿入した場合、USBメモリのルートフォルダに置かれた “autorun.inf” を参照し、特定のアプリケーションが実行されます。

この仕組みが悪用され、USBメモリを媒介として感染するコンピュータウイルスが2008年以降、急激に増加しているそうです。

このように、ウイルスの伝播やセキュリティ問題などを警戒し、USBメモリを利用できない設定にしている会社や公的機関は多いです。

USBメモリ。

使い勝手がいい補助記憶装置ですが、大切なデータを保存する場合はリスクと隣り合わせってことを覚えておくことが大切ですね。

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする