ビジネスマンの身だしなみ。どんな手帳を使っていますか?

こんにちわ。

どちらかと言うと身だしなみにあまり気を使わない男性の部類に入るぼくです。

ぼくが言っても説得力はあまりありませんが、ビジネスマンにとって身だしなみは、やっぱり大切です。

ぼくはもう中年のおじさんなので、オシャレよりも清潔感やマナーをぼくは大切にできたらなって思います。

前回は、雨の日のカサの話を書きました。

ビジネスマンの身だしなみ。雨の日はカサが荷物になりますね。
こんにちわ。 どちらかと言うと身だしなみにあまり気を使わない男性の部類に入るぼくです。 ぼくが言っても説得力はあまりあり...

今回は、ビジネスマンの必需品? 手帳の話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ビジネスに手帳は必携?

ビジネスで手帳は必需品と言われています。

ですが恥ずかしながらぼくは、手帳は使っていません。(笑)

もちろん、若い頃は使っていました。

いろいろなサイズの物をつかったり、どんなものが使いやすいか悩んだ時期もありました。

今は会社のシステムにスケージュールを入れていて、概ね外でもスマホでそれを見ていますし、お客さんの連絡先などはいつも名刺を持ち歩いているので電話帳は使いません。

よって手帳を持つ理由がどんどんなくなりました。

今は、商談の時などにメモをとるための大学ノートだけといった感じです。

そんな感じなんですが、ビジネス用の手帳の必要性についてもう一度考えてみました。

手帳は学生時代にもっている人は少ないでしょう?

社会人になってから初めて手帳を持つ人も少なくないと思います。

実際に社会人生活を経験している人でも、どんな手帳がビジネスで使い易いものかはわかりにくいんじゃないでしょうか?

ですが、システム手帳を持っているか、どんなシステム手帳を使っているかでデキるビジネスマンかどうかを見られていることもありますよ。

手帳は毎日持ち歩くものであるため、ビジネスマンとしてふさわしくない手帳を使うのは控える必要があります。

派手すぎるものは避け、仕事内容に応じて必要な項目が抑えられている手帳を選ぶようにしましょう。

また、仕事で使うビジネス手帳は自分が使うのはもちろんですが、打ち合わせなどで他人に見られる機会も、意外と多いものです。

周囲の人に見られたときに、恥ずかしい思いをしないビジネス手帳を選ぶ必要があります。

ビジネス手帳には機能性も重要ですが、社会人の持ち物としてデザイン面にも気を配るといいでしょうね。

どんな手帳がいいのか?

仕事で使うものとはいえ、ビジネス手帳にはその人の個性が出るものです。

手帳の活用方法は使う人によって大きく異なるのも事実です。

仕事で使うおすすめ手帳の条件として、まずは手帳のサイズが自分が使いやすいと感じるサイズに合っているかどうかが大切ですね。

具体的には、机上で使う人には大き目のサイズの手帳がいいでしょうし、持ち歩くことが多い営業職の人には、出し入れしやすいサイズのビジネス手帳が良いでしょう。

購入の際は、使い方を想像してみるといいですね。

その一方で、手帳はある意味消耗品ですから、高価なものにこだわる必要はないと言えます。

ですが、汚れが目立つボロボロなものや派手なブランドロゴが目立つ手帳は、ビジネスシーンで相手の印象を悪くする場合もあります。

外観はシンプルなデザイン、色はブラック・ネイビー・ブラウン系あたりが仕事で使う際の手帳としてはいいでしょう。

安すぎない・派手すぎないというのもが、手帳の大切な条件です。

そして、その手帳のレイアウトも忘れてはいけない項目です。

年間スケジュール(大安吉日記載)が見れるか? 書き込める程度の月カレンダーがついているか? 余白等々適当にあるか? 広げやすく丈夫な手帳か?

そういったところが、使いやすいビジネス手帳のポイントになります。

これらのポイントを参考に、自分が使いやすいタイプのビジネス手帳を探しましょう。

いかがでしょうか?

まずは自分の好みの手帳を探してみるところから始めてみるのもいいかもしれませんよ。

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツとスポンサーリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク