ビジネスマンの身だしなみ。スーツのインナーにも気を配る?

こんにちわ。

どちらかと言うとダメな社会人に近い、ぼくが言っても説得力がないのですが、ビジネスマンにとって身だしなみは、やっぱり大切です。

最近の若いビジネスマンは、オシャレです。

でも、オシャレとビジネスマナーはちょっと別物ですので、時々気になることもありますよね。

前回は、スーツにジャンパーやダウンジャケットを羽織っていいの?って話をしました。

ビジネスマンの身だしなみ。スーツにジャンパーやダウンジャケットはアリなの?
こんにちわ。 どちらかと言うとダメな社会人に近い、ぼくが言っても説得力がないのですが、ビジネスマンにとって身だしなみは、やっぱ...

今回は、逆にワイシャツの下に着るインナーの話です。

インナーなんてなんでもいいんじゃないの?って思うかもしれませんが、なんらかマナー的なものがあるのかなって思って調べてみました。

ぼくが特に気になっているのは夏なんですが、インナーを着ず直接ワイシャツを着ているのはいいのかどうかってことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




インナーにも気を配りましょう

ワイシャツに合わせるインナーはどういうものを着たらいいか迷ったことってありますか?

ビジネスマンとしてはスーツやシャツへの身だしなみは押さえていても、意外と抜けてしまいがちなのがインナーについての気配りです。

ぼくが気にしているように、「ワイシャツは肌着なしで着用すべきなのか?」、 「それともインナーを着て着用すべきなのか?」は結構多くの人がどっちがいいか分かっていないことじゃないかと思います。

結論としては、高温多湿の日本においては汗をかいた時にワイシャツが肌に張り付き、見た目として、相手へ不快な思いをさせてしまう可能性が高いです。

ですので、日本では

「ワイシャツの下にインナー(肌着)を着る」

がマナー上、いいようですね。

ですが、欧米では事情がちょっと違います。

ワイシャツって元々、欧米では下着の扱いです。

ですので、欧米のマナー上ではワイシャツの下にインナーを着用せず、素肌に直接着用するものとされています。

しかし、日本では気候の問題上、汗をかいた後の見た目などが気になりますので、、ワイシャツの下にインナーを着ることが必要とされているわけです。

そんなインナーですが、どんな色が適切かと言うと、「白色」が基本です。

ポイントとしては、インナーの色がシャツの上から透けないようにすることです。

ですので、無地のものを選びましょう。

ビジネスシーンでは、プリント柄やロゴ入りTシャツの着用はNGです。

大人のマナーとして着用は控えるように覚えておきましょう。

色については白が基本ですが、最近ではワイシャツの下に着用しても透けにくいという観点から、ベージュやライトグレーのインナーを着用する人も増えているようですよ。

ソデやエリの種類とマナー

インナー(下着)と一口に言っても、その形状にはいろいろな種類があります。

たとえば、ソデ(袖)で分けるとすると、

・半袖

・長袖

・タンクトップ

・ノースリーブ

などが挙げられます。

ビジネスシーンでは、年中使い回しができる「半袖」を選ぶのが良い選択です。

逆におすすめできないのは、

・タンクトップ

・ノースリーブ

だそうです。

これらには袖がない分、熱がこもりにくく涼しい反面、汗をかいてしまうとシャツの脇部分に汗じみが出てしまいます。

そのため、相手に不快感を与えてしまったりしますので、ビジネスシーンでは避けた方が良いと言われています。

ちなみにぼくはノースリーブなんですよね。。。

理由は半袖だと、すぐに肩が凝るから。

これはちょっと困りました。

じゃ、長袖は?ってことですが、ワイシャツの袖口からのぞかないようにすればいいでしょうね。

最近では袖丈が従来のものよりも短い7分袖や9分袖のものがありますおで、そういったものを秋冬シーズンに着用すればいいでしょうね。

次に襟で分けると、

・丸首

・Vネック

のタイプが挙げられますね。

ビジネスシーンでは、ワイシャツの下に着るインナーとしてどちらもOKですね。

ただし、ノーネクタイの場合は丸首タイプは避けたほうがいいですよ。

ノーネクタイの時にはワイシャツの第一ボタンを外す場合が多いのですが、その時、首下のインナー部分が見えてしまいますと、恰好が悪いです。

なので、ノーネクタイの場合は、Vネックの方がおすすめです。

丸首タイプはクールビズに不向きと言えますね。

いかがでしょうか?

さて、ビジネスシーンに不向きなノースリーブのインナーを愛用しているぼくですが、半袖はやっぱり着たくありません。

肩こりのつらさに耐えられませんよ。

なので、ぼくはその分、しっかりとワキ汗対策をするようにします。(笑)

そうすれば、ノースリーブでもビジネスシーンでは、マナー違反にはならないですよね。

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする