いずれ、SSDがハードディスクを駆逐するかもしれないですね。

こんにちわ。

最近、販売されているパソコンのスペックを見ていると外部記憶装置に「SSD」というものが搭載されていることが多くなりました。

SSDはソリッドステートドライブの略です。

ソリッドステートドライブとは記憶装置として半導体素子メモリを用いたディスクドライブなどのストレージデバイスのことです。

使用するメモリの種類によりRAMを使うRAMディスク、フラッシュメモリを使うFlash SSDなどがありますが、一般的にSSDと言う時は、Flash SSDのことを言います。

SSDは一般的にはフラッシュメモリを利用してHDDと同じ振る舞いをさせるハードウェアで多くの場合、SSDはシリアルATA (SATA) 等のインタフェースを持つ2.5インチサイズのものを言います。

ちなみに同じ内部構造をもつもので、USBインタフェースを持つ物については、USBメモリと呼ばれています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




HDDとの違い

HDDはディスクメディアですので、ディスクを回転させ磁気ヘッドを動かしてデータアクセスするため読み書きに時間がかかります。

一方、SSDはメモリチップ上のアドレスにアクセスするためHDDほどの時間がかからず高速であるというのが一番大きな違いとなります。

そのため、オペレーティングシステムなどアクセス頻度の高いファイルをSSD上に記録しておくことでHDDに記録した場合と比較してアクセス時間を短縮でき、結果として素早い動作速度を実現することができます。

SSDはこういう外観です。

ほとんどハードディスクですよね。

(出典:ウィキメディア・コモンズ photo by smial / FAL 1.3)

ハードディスクに対する利点

  • 読み取り用の機構が動くためのシークタイムがないためランダムアクセス性能に優れる
  • 物理的な稼動箇所がないため省電力、動作音がしないので静か
  • 物理的な稼動箇所がないためHDDよりはるかに振動・衝撃に強い

ハードディスクに対する欠点

  • 容量単位の価格がHDDより高い
  • 書き込み・消去(内部動作)のたびに素子が劣化するため、用途によっては寿命が短くなる場合がある
  • 故障時のデータ復旧の技術は現時点では確立されていない

(出典:ウィキメディア・コモンズ photo by Rochellesinger / CC by-sa 2.5)

SSDとHDDの価格差が縮まった

さて、最近販売されているパソコン(特にノートパソコン)にSSDが搭載されるようになったのには、訳があります。

これまでSSDのデメリットであった価格がどんどん下がってきているからです。

ハードディスクの価格は1GBあたり3円~15円ぐらいなのに対して、SSDは数年前まで1GBあたり50円~100円ぐらいと10倍以上でした。

しかし、ここ数年でSSDは1GBあたり25円~70円ぐらいになってきました。

まだまだ、SSDの価格は高いですがそれでも1TBのハードディスクの代わりに250~500GBのSSDを載せたパソコンが出てきているという状況です。

これからまだまだ、SSDの価格は下がると思いますのでSSDを搭載したパソコンが増えてくるでしょうね。

ちなみに、レンタルサーバも今、どんどんSSD化が進んでいます。

このブログがある「エックスサーバー」もSSD化が進んでいて、SSDになったら48倍ぐらい早くなるらしいです。



いずれ、このブログもパフォーマンスが上がるかもしれません。

その時は、ハードディスクがSSDになったんだということを思い出してください。(笑)

最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする