社会人21年目。また、パッケージソリューションを売り歩いています。大型の機械のメーカーにも提案

こんにちわ。

社会人になって、21年目となり年齢も43歳ぐらいになりました。

40歳前にお客様担当の営業になりいくつものお客さんを担当していましたが、会社の組織変更もあって異動になり、また製造業向けのパッケージソフトの担当になりました。

そしてまた、ソリューションを売る営業になりました。

前回は、以前に担当していた化学メーカーへ提案した話をしました。

社会人21年目。また、パッケージソリューションを売り歩いています。担当していた化学メーカーにも提案しました。
こんにちわ。 社会人になって、21年目となり年齢も42歳ぐらいになりました。 いや、43歳か?(笑) 40...

新規に担いだパッケージですのでなかなか売れない状況が当初は続いていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




パッケージが向いていない業種にも行くしかない

打率にすると1割ってところです。

なので、少し提案に行くお客さんの業種などを考え直してみたわけです。

その結果、セミナー集客や積極的に提案する業種としては化学メーカーや食品・飲料メーカーとして、それ以外の業種はチャンスがあれば提案させていただくという方針にしました。

そうやって、売る側はターゲットを絞っているわけですが、実際のところ思ったような業種の思ったような規模のお客さんがいつも来るとは限りません。

特にセミナーなんかですと、ほんとに勉強するという理由で来られるお客さんもいれば、まったく期待していない業種のお客さんも来られたりします。

来られるお客さんの中には大型の機械メーカーもありました。

担当しているパッケージでは。。。

この大型の機械を作っている会社は奈良にありました。

どうも古いオフコンのシステムを使っていたらしいのですが、保守や改修をしてくれる業者がもうないからと、パッケージソフトに置き換えることを検討していたようでした。

奈良。。。正直、会社からの距離は別として、ぼくが住んでいるところからは結構遠いんですよね。

電車の本数もちょっと少ないですし、鉄道の駅からもちょっと離れたところにありました。

歩くのが面倒な時はタクシーに乗っていくぐらい、駅から離れていましたね。

そんなことよりも、大型の機械ということでぼくの担当しているパッケージではなかなか合わせにくい業種でした。

ぼくの担当しているパッケージでなくても、パッケージを導入すると高くつきそうな業種です。

といいますのも、1つの製品を1日に何個もつくるわけではなく、むしろ数日に1つ、場合によっては10数日に1つの製品を作るといった具合。

かなりの大企業であればそれでも1日あたりにいくつも製品をつくるのでしょうが、そこそこの大きさの企業だと1日に1台とかそんなレベルです。

しかも、そういった機械ですので、購入する顧客にあわせて設計を変更して納品をするものですから、同じものを何個もつくるわけではありません。

顧客ごとの仕様に合わせてつくるわけですから、一様にパッケージソフトで製造過程を管理するというよりも、図面を見ながら製造していく感じです。

そんなわけで、パッケージを提案しようにもアピールポイントもあまりなく。。。在庫管理や購買といっても繰り返し生産するわけではないので、ロット管理というよりも製番管理なんですよね。。。

まぁ、そうやって何回も訪問する割にもたもたと提案できずにいるうちに、お客さんの要求してくるポイントもどんどん変わっていって、最終的には設計部門の支援するツールを提案してくれないか?なんて言われるようになりました。

結局のところ、こういった業種では設計部門が力をもっているようで、情報システム部門も設計部門のリクエストを先に対応するみたいなことになっちゃいました。

そして、ぼくの担当パッケージは売れず、そういった設計部門向けのビジネスをやっている知り合いの会社に仕事を譲りました。

やっぱりパッケージソフトを売るのは簡単にはいきませんね。(笑)

社会人21年目。また、パッケージソリューションを売り歩いています。自動車部品のメーカーの提案で岡山へ
こんにちわ。 社会人になって、21年目となり年齢も43歳ぐらいです。 40歳を過ぎてから、お客様担当の営業から、製造業向...

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツとスポンサーリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク