夏にミントの香りがいい感じ。武蔵野ワークス「スノーミント」。

こんにちわ。

ぼくは、若い頃から、男性用香水をいろいろ探していますが、なかなか自分の香りというのはみつかりません。

男性用香水は好きなんですが、多くのブランドはどうもキツくて、頭が痛くなります。

そして、自分の好みにあった、でも、鼻にツンと来ないものを探し続けています。

50歳を過ぎてから、日本人が使いやすい香水をということで「武蔵野ワークス」さんの香水をよく使っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スノーミント

ぼくは、夏場は主に「スノーミント」という香水を使っています。

ミントのクールで爽やかな香りです。

香水の原料としては珍しいミントを使って、都会的でスタイリッシュな香りに仕上げられていますね。

ぼくとしては夏の香りですが、冬も使えますよ。

元々、スノー。。。というように、冬のミントとして開発された香りです。

トップ:イタリア産ミント、レモン、ベルガモットなど

ミドル:イタリア産ミント、スペアミント、ミュゲ、ジャスミンなど

ベース:ウッディノート、ホワイトムスクなど

シトラスとミントの相性がよく、涼しげです。

チューインガムや歯磨きのミントフレバーを想像するとやや違う印象を受けるかも知れません。

どちからといえば、生のミントの葉っぱのグリーン感・青臭さがリアルに再現されている感じです。

また、ミントの香りは、ペパーミントよりもスペアミントの甘みがほんのり上がってくる感じです。

あとシトラスの香りはベルガモットですね。

ベルガモットの苦味がいい感じです。

ぼくは、1日に何回も使う訳ではないので4mLのミニボトルを購入して使っています。

やっぱり、夏向きかな

夏にぴったりな、爽やかでスッキリした清潔な香りですね。

ミントといっても、どちらかというとレモンに近い感じです。

香りは結構早く飛びますが、瞬間リフレッシュできる気分です。

また、なぜか花粉症の季節にもよく売れるそうです。

ぼくとしては、本当は「花火」と言う香りが好きで、夏はこの花火を当初使っていたのですが、残念ながら花火は廃盤になりました。

花火はこんな成分です。

トップ:柚子、レモン、ペパーミント

ミドル:ラベンダー、白檀、ローズマリー、クローブ

ベース:ムスク、etc.

同じ、ミントを使っているのですが、花火の方が、スノーミントよりも和風で落ち着いた感じになりますね。

でも、今はスノーミントです。

ミントの香り成分であるメントールは人の体感温度を下げる効果があります。

なので、どこか涼しげな印象を抱かせてくれる香りです。

今年もひと夏を通してほとんど、このスノーミントを使っていましたので、使いやすい香水に違いはないですね。

50歳を過ぎてからは普段使いの男性用香水は「武蔵野ワークス」にしています。
こんにちわ。 若い頃から、男性用香水をいろいろ探していますが、なかなか自分の香りというのはみつかりません。 男性...

最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする