静寂な香り・静寂な空間を香りにした武蔵野ワークス「静寂(サイレンス)」

こんにちわ。

ぼくは、若い頃から、男性用香水をいろいろ探しています。

ですが、なかなか自分の気にいる香りというのはみつかりません。

男性用香水は好きなんですが、その多くは香りがキツすぎて、頭が痛くなります。

鼻にツンと来ないものを探し続けています。

50歳を過ぎてから、日本人が使いやすい香水をということで「武蔵野ワークス」さんの香水をよく使っています。

今回は、「静寂」と名付けられた香りの香水です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




サイレンス(静寂)

「サイレンス(静寂)」、英語で書くとSilence。

森深い山寺。

森林の中でひっそりと佇む古い山寺を訪れたときの感動がテーマだそうです。

山寺のように趣のある建物に一歩踏み入ると心が一瞬で変化することを感じたりしませんか?

ひんやりとした空気に音のない世界、木の香り。。。

そして、そこに漂う静寂感(サイレンス)

新鮮なインスピレーションと感動が訪れる人の心を洗いますよね。

トップのウッディノートとラベンダー、グレープフルーツは森林の緑の輝きを表現しています。

吉野山産ヒノキ、シダーウッド、白檀、墨の香りが心落ち着く香り空間を演出。

ウッディでクールな香りです。

どちらかというと、男性よりの香りですが、男性、女性・20代からミドルまで幅広い人々に、サイレントな時間をお届けする香りです。

トップ:ウッディノート、ラベンダー、グレープフルーツなど

ミドル:ヒノキ、シダーバージニア、サンダルウッド、ベチバー、墨など

ベース:ヒノキ、サンダルウッド、ベチバー、墨など 

香料に使われている墨、どんな香りでどんな効果を演出しているんでしょうね?

なお、香りは樹木系のやや渋め。

そして、乾いた感じの香りが好みの別れどころになりそうです。

ぼくは控えめにつけるので、4mLのミニボトルを購入しています。

静寂と香りは相性が良いはず

この香り、季節を問わず使用することができます。

ぼくも年中、使っています。

夏でも、海に行きたい気分の時は「スノーミント」、山に行きたい気分の時は「サイレンス」と使い分けています。

このサイレンスは花の香りが多い武蔵野ワークスの中では結構、異色。

樹木や草木の香りとともに心洗われるようなナチュラル感があります。

大人の雰囲気を好まれる人にぴったりですし、この静かな香りはルームフレグランスとしてもおすすめですね。

また、静寂と香りは相性が良いのか、お香などは古来より、荘厳な宗教儀式に利用されてきました。

そういう世界観を楽しめる人にはぴったりです。

残念ながら、アマゾンの武蔵野ワークスのショップでは、「サイレンス」は出てないんですよね。

武蔵野ワークスさんのホームページを見ていただきたいと思います。

武蔵野ワークス

50歳を過ぎてからは普段使いの男性用香水は「武蔵野ワークス」にしています。
こんにちわ。 若い頃から、男性用香水をいろいろ探していますが、なかなか自分の香りというのはみつかりません。 男性...

最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする