社会人10年目。会社を追い出され、東京の会社に出向することになった。

こんにちわ。

社会人になって10年目。

30代前半に人生の転機が来ました。

20代の時は、計測システムや制御システムなど、大きいものから小さいものまでいろいろな仕事を経験しました。

30代になると、エキスパートシステムや配送関係のシステムなど少しは開発の仕事もやっていましたが、そろそろプログラムを書いている場合ではない年齢です。

誰がこんな設計したんだよー! 計測システムでUNIXとDBにめちゃくちゃ苦労した話
こんにちわ。 社会人になって8年目か9年目。 30代の始めごろの話です。 20代の頃は、ずっと計測関係のシ...

その一方で、プログラムを自分では書かず、仕様を詰めたり、テストの管理をしたりしてプログラムを書かない仕事が求められるようになりました。

そういった仕事に納得できないジレンマから、社内でも不満を口にすることが多くなっていたのか、当時の上司とはあまり折り合いがよくなかったのか。。。

ある日、上司に別室に呼ばれることになりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




2段階辞令?

まぁ、本当に上司と折り合いが悪かったからかどうかなんてわかりません。

ですが、それまでの仕事から完全に引っぺがされたのは事実。

当時、グチを言っていた中に、特定のパッケージソフトのコンサルタントみたいなのをやりたいなーっていうのがありました。

で、当時の上司に言われたのが、

販売系のソリューションのコンサルタントの仕事をやってもらおうと思っているんだけど。。。

ってことでした。

なんだかよくわからないのですが、販売系の半パッケージみたいなものをお客さんに合わせてカスタマイズして納品するような仕事のように理解しました。

その過程でコンサルティングをするような仕事らしいです。

ぼくとしては、このままプログラム開発できないだろうから、そういった新しい分野に行くのもありかな?ってちょっと思ったので、その話、承諾しました。

それはそれでよかったんですけれどね。。。

後日、その提携先の会社のマネージャと打ち合わせをすると、その仕事をするのに際して、

仕事の大半は、東京なので東京に転勤してほしい

コンサルタントとしてのシステム開発会社の名刺で動くのはまずいので出向してほしい

と告げられました。

そうなんや。。。

寝耳に水の話でした。

ですが、その時点ですでにけっこう勉強していましたし、他の仕事の引き継ぎもしてしまってまして。。。

上司に多少、だまされた感がありましたが、このまま現状にしがみついてもどうしようもないので、一応、期限を3年ならと言うことで東京への転勤、そして他社への出向を承諾しました。

東京でのコンサルタントとしての仕事

というわけで、社会人10年目にして職種を変更することになりました。

それ以降、仕事でブログラムを書いたことはありません。

SE35歳定年説ならぬ、プログラマー30歳定年説といったところです。

そして、東京への転勤、新しいコンサルタントとしての仕事、新しい出向先という職場。。。

慣れないことばかりで東京にいた間は大変でした。

結局、ぼくを東京に送り出した上司はその後、すぐに異動になり会社の組織も変更になりまして、東京にいる間に上司は2回変わりました。

部署的には関西所属なので、上司は関西にいるわけで。。。上司と会うのは年に数回でした。

そもそも出向扱いで他社に出されているので、次の上司も必要以上に関わるつもりはなかったんだと思います。

そうするうちに3年で関西に戻してもらう話は反故となり、結局、東京で6年ほど仕事をすることになりました。

こういった経緯で、ぼくの学生の時の夢だったプログラマー生活は終焉を迎え、ある意味本当のビジネスマン生活が始まりました。

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする