無線LAN+中継器の環境で、WiiUの接続を試行錯誤。その後。

こんにちわ。

先日から、新調した無線LAN+中継器の設定や配置で試行錯誤をしています。

無線LANルータを交換したけれど、体感速度はそれほど変わらず。
こんにちわ。 家の無線LANルータを交換した顛末の第三弾です。(笑) 今回、8月の上旬に5年前に購入した無線ルーターと中...

とりあえず、通常のパソコンやスマホでネットする分には不満はない状態にはなりましたが、あと残っている問題としては、WiiUのオンラインゲームのレスポンスだけになりました。

ちなみに、うちにはVitaや3DSもあるのですが、そちらはあまりオンラインゲームをすることはありませんし、スマホゲームをやる分には遅いということはあまりありませ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




WiiUの接続

新しくした無線の環境は、親機がWSR-1166DHP3で、中継器はWEX-733Dです。

WiiUまでの接続の経路を言いますと、

インターネット = NTTの機器(VDSL接続) = 光BBユニット = SR-1166DHP3(親機) ~ WEX-733D(中継機)  ~ WiiU

で、 = が有線、 ~ が無線です。

ゲームによっても異なるのですが、例えば無線LANではギクシャクした動きになるってよく言われている「スプラトゥーン」は、確かに頻繁に回線落ちしてしまいます。

中継機は状況によって電波が弱まるときがあるようで、それも原因かと思っていました。

(出典:ウィキメディア・コモンズ photo by Takimata / CC by-sa 3.0)

で、今回試した対策

で、とにかく通信が不安定になる原因を少しでも減らそうと2つのことをやってみることにしました。

1つは、親機をマニュアルの「ブリッジモード」にしてみました。

ルータ機能自体はソフトバンク光のBBユニットが担っていますので、無線の親機はAutoでブリッジモードになっていました。

ですが、スイッチでマニュアルモードにし、「ブリッジモード」に固定することで親機の中でオーバヘッドとなる処理がないようにしました。

Autoでも特に問題はないとは思ったりもしますが、こちらは念には念を入れてということです。

そしてもう1つは中継機とWiiUの間を有線にしてみました。

以前、やっぱり連休の時にスプラトゥーンが激オチだったことがありまして、あまりにゲームができないので、WiiUのLANアダプタを購入して一時的にルータから直接接続してゲームをしていたことがありました。

ですが、ルータからWiiUまでは10m近く離れていますので、常時、配線したままにするわけにもいかないので、その後撤去しました。

ですが、今回の中継機 WEX-733D には、LANのクチがひとつついているのです。

早速ですが、WiiUのLANアダプタを出してきて有線でつなぎました。

で、このような配線になりました。

インターネット = NTTの機器(VDSL接続) = 光BBユニット = SR-1166DHP3(親機) ~ WEX-733D(中継機)  = WiiU

で、結果ですがこの接続でスト意外と快適になりました。

スプラトゥーンも、それなりにプレイできているようです。

子供の話ですが。。。

親機と中継機の配置はほとんど変わっていませんので、この間の電波状態はそんなに変わっているとは思えません。

しかも、中継機のランプで電波が弱くなっていますよという表示でもそれなりに使えているようです。

ということで結論は、WiiUのWi-fi機能が脆弱だということになりました。

中継機とWiiUの間は2~3mほどですので、ゲームするときだけちょっとつなげばいいかなと思います。

これでしばらくは、子供からのクレームも減ると思います。(笑)

最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする