ビジネスマンの身だしなみ。結婚指輪はOKそうだけど、普通の指輪は?

こんにちわ。

どちらかと言うとだらしない方の部類に入るだろうなと思う社会人のぼくが言うもの説得力があまりありませんが、ビジネスマンにとって身だしなみは、やっぱり大切です。

そんなぼくから見ても最近では若いビジネスマンは、オシャレな人が多くなりました。

でも、かならずしもオシャレ、イコール、ビジネスマナー的に良いとは言えないかもしれません。

前回は、ビジネスマンのアクセサリーについて調べてみました。

ビジネスマンの身だしなみ。ビジネスマンのアクセサリーはどこまで許されるのか?
こんにちわ。 どちらかとだらしない方の部類に入ると思うダメな社会人のぼくが言っても説得力があまりありませんが、ビジネスマンにと...

今回は、ビジネスマンの男性の指輪について考えてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ビジネスの場での男性の指輪

そういえば、結婚指輪以外の指輪をオフィスでしている人ってあまり見かけないですよね。

でも、最近の若い方は男性でもプライベートでは指輪をしていたりする人は多いと思います。

男性でももし、オフィスでも指輪をしようと思った場合、やっぱり仕事に支障が出ないことを最優先にすることが大切ですね。

手作業で何かを制作する仕事をしている方でしたら、指輪の影響で作業に支障が出ると困る一方、接客業の場合は、お客さんに不快感を与えてしまうような場合を除き、マナー違反とはなりません。

また、ファッション関係のお仕事なら、綺麗に着飾ることが仕事の一部となっている場合もありますので、積極的におしゃれをアピールするほうがいい場合もあります。

このように自分の仕事にあわせて指輪をする/しないの判断が必要ですね。

また、仕事をしている中で逆にリングに傷をつける恐れがある作業をするという人は、仕事中は身に着けない方が得策ですよね。

実際、仕事中は指輪を外し、プライベートな時間になってからはめる人も多いです。

職種に合わせていつ指輪をつけるかべきか見極められるビジネスマンはかっこいいですよね。

結婚指輪や婚約指輪、そしてペアリング

指輪をしていると仕事に支障があるような職業を除けば、結婚指輪は多くの職場でOKだと思います。

特に日本では、結婚指輪と言えばプラチナのシンプルなものをつけておられる夫婦が多いので目立たないというのもビジネスの場には向いていると思います。

一方で、最近はペアリングというものをつけている人が増えているようです。

ペアリングは恋人同士がペアでつける、揃いのデザインの指輪のことを言います。

今の世の中、ペアリングは職場規定で禁止されていなければつけるもつけないも自由でしょうね。

ペアリングは恋人同士がつけるものですが、そのまま婚約指輪や結婚指輪として使うカップルも増えています。

ですが、結婚指輪と異なり、一般的にはあくまでアクセサリーと認識されるのも事実です。

会社の社風や業種にもよりますが、プライベートとは分けて考える方がいいかもしれませんね。

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする