入社6年目 RDBのスペシャリスト?として大規模プロジェクトにイヤイヤ参加した話

こんにちわ。

20代の頃の若手社員だった頃に関わった仕事を振り返っています。

入社して4年目、5年目はインテリジェントビルの電話応答システムや管理業務のシステムの開発に携わっていました。

入社4年目。インテリジェンスオフィスのシステムでこれまた苦労した話(その1)
こんにちわ。 ダメダメ社会人なぼくの20代のビジネスマン生活をふりかえっています。 入社2年目(正確には1年目の...

社会人になって以来、20代はずっと忙しい毎日でした。

主にコンピュータシステムの開発をやっていましたが、毎月かなりの時間残業して、休日出勤も結構ありましたが、なんとか耐えてきました。

耐えられた理由としては、一つはコンピュータとかプログラミングとか、結構好きだったということ。

もう一つは、多少は自分のやりたいと思う分野の仕事をさせてもらえたからかなって思います。

もし、これが会計システムだとか、人事システムなんてやらされていたら、きっと早めにつぶれていたと思います。

大型コンピュータとか、COBOLとか。。。好きではなかったので。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




また、大型プロジェクトへ

前のインテリジェントビルの仕事が終わって、しばらくはメチャクチャ小さい仕事をボツボツとやっていたのですが、また上司から呼び出され大規模プロジェクトに参加してほしい。。。と言われました。

今度は、結構同じ会社の人が参加しています。

ですが、またこれが遠い遠い工場にプロジェクトルームがあるとかで。。。片道の通勤時間が1時間半はかかりそう。。。

嫌です。

遠いの嫌です。

なんてことは言えないので、行きました。

こんどは、あるメーカーさんの工場の生産管理と設計管理システムを一度に入れ替えるというものでした。

その中で設計データを管理するデータベースシステムの設計をやってほしいとのこと。

なんで、ぼくなんですか?

データベースの設計なんてやったことありませんよ?

すると、同僚が

いやー、あんたのとこの上司が、データベースのプロがおるって

インフォミックスってDBを使って開発したとか。。。

はい、それは私です。

というわけで、たった1回データベースの開発をやっただけで、プロになっていました。

しかも、今回はOracle??

名前には聞いていますけど、触ったことないですよ。

DB設計だから、どこのものもいっしょでしょー

というわけで、データベースのプロになりました。

暇そうにしていたら、仕事を次々振られました

確かに最初は大変でした。

Oracle触ったことないし、事前に勉強もしたことなかったし。

それに加えて、設計データのデータベース設計って。。。設計データの特性も知らないですよー。

といいながらも、先行して入っている同僚にいろいろ説明してもらっているうちになんとか形になりました。

データベースの設計も終わり、データベースの設定作業も概ね終わってしまうと結構暇になってしまいました。

暇そうにしていると、どうしても誰かに目をつけられてしまうんですよね。。。

生産管理システム側のデータベース設計の応援に行かされてしまいました。

こちらは一人で作業ではなかったので、気楽でしたが設計データに比べるとやっぱりでかいです。

かなりの時間がかかってしまいました。

しかも、工場は止められないのでDB設計はかなり慎重にやることになりましたので、ストレスたまりました。

それが終わると今度は設計データベースの周辺アプリの開発が遅れているのでそっちを手伝ってくれーってことになってそっちの応援に入りました。

まぁ、そういうこっちの応援、あっちの応援を繰り返し、気がつくとそのプロジェクトに足かけ2年いることになりました。

データベースのプロとは名ばかり、何でも屋になっていましたよ。(笑)

入社6年目。上司のヘマのせいで、2週間でデータ計測システムを納品する羽目になった話
こんにちわ。 20代の頃の若手社員だった頃に関わった仕事を振り返っています。 入社6年目からは、あるメーカーさん...

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする