高校生は今でもよく使っているのかな?男性用フレグランス「ポーチュガル4711」

こんにちわ。

ぼくはいつも、男性用香水を探しています。

男性用香水は好きで使いたいと思っているのですが、残念ながら多くのブランドはどうもキツくて、頭が痛くなってしまいます。

なので、自分の好みにあった、でも、鼻にツンと来ないものを探し続けています。

なかなか見つからないんですけれどね。(笑)

今回は、ぼくが高校生の頃、まわりの男子生徒の多くが使っていたポーチュガル4711です。

ちなみにぼくは、アラミス派ですので、当時買って持っていましたがほとんどつけることはありませんでした。(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ポーチュガル4711

ポーチュガル4711ですが、1792年ドイツのケルンで、ミューレンス社の創始者ウィルヘルム・ミューレンスが婚礼祝いに修道士から一枚の洋皮紙を授かりそこに記された処方に従って製造したのが、オーデコロン「4711」です。

世界初のオーデコロンらしいですよ。

4711は、カジュアルでもフォーマルでもオンオフ問わず、使うことができるスイートオレンジの優しい香りが特長です。

なお、ポーチュガルは、大航海時代にオレンジを伝えたポルトガル人に由来した名前です。

また「オーデコロン」とは「ケルンの水」を意味しています。

特に夏場はサッパリつけて過ごせますよ。

若者向きです。

トップノート:スイートオレンジ、マンダリン、フレッシュレモン
ミドルノート:ネロリ、プチグレン、コリアンダー、アーモイズ
ラストノート:エボニー、モス、ムスク

最初はオレンジとレモンの柑橘系の香りからはじまり、柑橘系のにおいが飛んだあとは、ハープ系のさわやかな香りがします。

そして、最後は紅茶っぽい、石鹸のような落ち着いたムスク系香りへと変わります。

オーデコロンですので、キツさは少なく、あらゆるシーンで使えるクセのないさわやか系の香りです。

さわやかなので高校生も使える

ぼくらの世代の多くがそうですが、当時、高校生で4711ポーチュガルを使い始めた人は多いと思います。

今の高校生なんかでも、愛用している人は多いんでしょうかね?

今は、もっと高級ブランドのものを使用したりするのかな?(笑)

一時期日本での販売がストップし、店頭で見かけなくなりましたがまた、その後販売が再開されたようですね。

4711ポーチュガルはオーデコロン以外にもオードトワレ、オーデコロン、ヘアトニック、ヘアクリーム、アフターシェープローションなどがラインアップされています。

昔懐かしい香りで、易しい香りなんですが、いかんせん柑橘系というのは日本人が使いたがる香りなのか、多くの男性から柑橘系の香りがします。

なので、ぼくとしては人とあまりかぶりたくはないので、残念ながら今は持っていませんし、使ってもいません。

でも、懐かしいので1本買ってみてもいいかな。。。

最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする