一般向けPHSのサービスが2020年7月末で終了。安くて品質がよくても淘汰されるものはあるんですよね。

こんにちわ。

日本で携帯電話のサービスが一般的に普及しはじめたのは、1990年代もしくは2000年代、2Gとか3Gのサービスが始まったころですよね。

ぼくらが中高生や大学生のころは携帯電話なんてなくて、ポケベルの時代でした。

社会人になって、会社から支給された携帯電話を使っていましたが、個人的に携帯電話を持つなんて経済的に無理でしたね。

でも、プライベートで個人的な電話をするのにポケベルは面倒だし。。。って時にぼくが使っていたのは、「PHS」でした。

そんな、PHSの一般向けPHSのサービスが2020年7月末で終了するそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




PHSは安くて通話品質が良かった

PHSは、「Personal Handy-phone System」の略。

小型の電話機を携帯し、移動した先で長距離間の通信を行うシステムのことです。

このPHSは一般電話回線からPHS用のアンテナを引いて使用するため、家庭用のコードレスフォンを外出先でも使えるようにしたイメージのサービスです。

なので、近距離での通話に便利です。

電波の状態さえよければ、携帯電話と比較すると音質も良く、料金も安かったんですよね。

昔の携帯電話は今ほど音質がよくなかったので、聞き取りにくいのがぼくも嫌だったのでPHSをつかっていました。

端末価格や基本料金、通話料金も安いので、スマホが普及した今でも医療施設内や会社内などで利用されていたんですよね。

しかし、1990年代後半から携帯電話の本体価格や料金の値下げが急激に進んで、PHSとの価格差が縮まったり、携帯電話にはショートメッセージサービス機能が搭載されたりして、PHSの優位性はあっという間に薄れてしまいました。

もともと、通話エリアの広さでは携帯電話と勝負にならなかったPHSは、その後、契約数がどんどん減っていきました。

そして、サービス終了

今では、日本で全国的に音声通信も含めたPHSサービスを行なっているのはソフトバンクとウィルコム沖縄のみになっています。

そして今回、ソフトバンクとウィルコム沖縄は、PHS向けプランのうち、機器監視に使うテレメタリングプランを除いて、全ての料金プランの提供を2020年7月末で終了すると発表しました。

音声通話対応の端末など、ほぼ全てのPHSサービスがこれをもって終了することになるようです。

ソフトバンクによると2017年12月末時点でのPHSの契約数は278万9000件で、法人・個人・テレメトリングでの内訳は示されていないものの、テレメタリング用途が最も多いとのことです。

と、いうことは実質、音声通話契約で言うと150万件以下の契約数ってことですよね。

携帯電話・スマホの契約数が1.5億件以上なのでその少なさがよくわかりますね。

当時は、安くて音質も良く、友達と長話をするのにちょうどよかったんですよね。

今は、音声通話だけじゃなく、SNSなどによるコミュニケーションも多いですから、サービス終了も致し方ないかもしれませんね。

今回も最後までおつきあいありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする