武蔵野ワークスの夏限定フレグランス「Summer」が今年も販売されるそうです。

こんにちわ。

2018年7月。

今年も夏が始まりました。

夏は汗臭くなりやすくて、夏用の香水の出番も多いです。

ですが、なかなか自分の香りというかしっくりくるものが見つかりません。

男性用香水は好きなんですが、大抵の香水は香りがキツくて、頭が痛くなります。

特に鼻にツンとくるものはダメなので、そうならないもので好きな香りを今も探しています。

そんな中、50歳を過ぎてから、日本人が使いやすい香水をということで「武蔵野ワークス」さんの香水をよく使うようになりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




今年も「Summer」を販売

ぼくは普段、夏は武蔵野ワークスさんの「スノーミント」を使っています。

以前は、「花火」を愛用していたのですが1mlボトルが廃盤になってからスノーミントを使っています。

夏にミントの香りがいい感じ。武蔵野ワークス「スノーミント」。
こんにちわ。 ぼくは、若い頃から、男性用香水をいろいろ探していますが、なかなか自分の香りというのはみつかりません。 ...

そして、蒸し暑い日や雨の日は、「ブラックベチバー」や「 沈香」を使ったり。

販売が再開された武蔵野ワークのベチバー、「ブラックベチベル」
こんにちわ。 ぼくは、若い頃から、男性用香水をいろいろ試していますが、なかなか自分の香りというのはみつかりません。 ...

お香の香りで落ち着いた日を過ごしたいときは、武蔵野ワークス「沈香」を使います。
こんにちわ。 ぼくは、若い頃から、男性用香水をいろいろ探しています。 ですが、なかなか自分の気にいる香りというのはみつか...

ただ、最近はちょっとマンネリ化していて、ちょっと香りを変えたい気分です。

と思って武蔵野ワークスのホームページを見ると

夏限定フレグランス「Summer」 今年も

って話が載っていました。

2017年の夏に限定リリースした商品らしいのですが、今年も残っている原料かき集めてリリースするらしいです。

しかもキューブボトル(4mL)だけでリリースになるらしいんで、今のぼくの気分にピッタリかも。。。って思っています。

ただ。。。数は少ないようで入手できるかどうかはわかりません。(笑)

「summer」は柚子の香り

暑い暑い夏の到来です。こんな暑い夏に相性がぴったりの香り。

暑い夏は、やっぱり爽やかで渋くてクールな香りを付けたくなります。

「summer」はシトラス(とくに柚子)をベースにおしゃれな香りに仕上げられています。

シトラスをベースに樹木系・ハーブ系のナチュラルな香りを詰め込み、爽やかさの中に、ややスパイシーなアクセントが心地よい刺激のある香りだそうです。

トップノート:柚子、ベルガモット、ミント、グレープフルーツ、他
ミドルノート:柚子、ローズマリー、ラバンジングロッソ、クローブ、他
ベースノート:白檀、パインニードル、ホワイトムスク、他

そして、コンセプトは、「夏を香りで楽しむ!」。

・夏の暑さ、香りで吹っ飛ばす
・夏の暑さ、香りでリフレッシュ
・夏の暑さ、香りで疲れを癒す

香りには、体温を冷却してくれる機能はありませんが、夏の暑さを香りが心理的に和らげてくれたらというテーマで制作されているそうですよ。

(出典:武蔵野ワークス ホームページより)

この香水はユニセックスとなっています。

ただ、好き嫌いがはっきり分かれそうな製品らしいです。

加えて、こちらの原料も、例の原料入手問題で困っている製品のようで、保管棚に残っている香料をかき集めて作るそうです。

売り切れ次第、販売を終了らしいです。

楽しみですが、入手できるかどうか。。。(笑)

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツとスポンサーリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク