香水の保存と寿命について調べてみました

こんにちわ。

ぼくは、男性用の香水をけっこう使用します。

香水は香りによってはツンとして、頭が痛くなるので自分にあう香水がないかいつも探しています。

なので、いろいろ探してみて気になる香水を探しています。

ところで、香水は使わずに長い間放っておくと、変質して香りが変わったりするのを知っていますか?

アトマイザーの記事に書いたように、空気にふれると長持ちしないようです。

男性も使いやすいアトマイザーはやっぱり「ヤマダアトマイザー」かな
こんにちわ。 ぼくは、男性用の香水をけっこう使用します。 香水は香りによってはツンとして、頭が痛くなるので自分にあう香水...

そんな香水の寿命や保存方法ってどうしたらいいのか調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




香水の消費期限は?

購入してからしばらくたった香水のスプレーの口のところを嗅いでみて大丈夫かな?って思っても実際に肌につけてみると、何か違うと感じることがあります。

そういうときは、実際に新品の商品と、並べて香りを比べてみるとたぶん、香りがかなり違っていることがわかると思います。

香水には基本的に使用期限の記載はないのですが、明らかに寿命はあるようです。

香水は化粧品に分類されますが、薬事法では「化粧品は未開封で3年以上の使用期限があること」という規定があります。

ですので、未開封の場合は3年は大丈夫かもしれませんね。

一方、開封した場合は香水の寿命は、約1年だそうです。

ぼくの持っているものはほぼこの状態です。

1年で使い切れればいいのですが、ボトルを買ってしまうと1年で使い切ることはなかなかないですよね。

しかも、1年後に急に香りが変わるのではなく、香りは数ヶ月経つごとに微妙に変化していくものです。

メーカーの推奨も多くは1年ぐらいです。

でも、実際は何年も同じ香水を使用しているという方もいらっしゃいます。

何も起きなければいいのですが、痒みや赤みが出たり、シミになる可能性もあるかもしれませんので、使用を控えた方がいいかもしれません。

開封後の香水の望ましい保管方法

香水の寿命は、先にお話しした通り、開封後からおおよそ1年ですが、保管方法に問題があると、もっと早くに香りが劣化するそうです。

香りの劣化・変質の原因は、酸素による酸化です。

その他に、日光や高温、カビなどの細菌が原因になることもあります。

なので、少なくとも香水を保管するときは、直射日光の当たる場所、及び高温になり易い場所は避けましょう。

また、埃っぽくカビが繁殖しやすい場所もNGですね。

保管場所に気をつけていても、香水の寿命が1年というもはなんとも短いですね。

ですが、実は管理方法を見なおせば新鮮な状態で使い続けることができ、寿命を延ばすことが可能です。

それは、冷蔵庫で冷蔵保管する方法です。

冷蔵庫の中は、低温で日光が当たることはありません。

なので、香水を保管する場所としては最適。

当面使う量だけアトマイザーに移してあとは冷蔵庫で保管すると好きな香りをより長く使うことができますよ。

もし可能であれば、冷蔵庫に保管するときにジップロックなどで、空気に触れないようにすれば、更に効果的です。

使いきれない香水で長く使いたいものがあれば、ぜひ冷蔵庫に保管を試してみてください。

でも、事前に家族の了解はとっておきましょうね。(笑)

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする