これだけは必要でしょ?っていうパソコンを構成する要素

こんにちわ。

パソコンの基本中の基本の話です。

パソコンって色々な機能というか、部分というかパーツというか。。。で構成されています。

パソコンを構成する機能としてこれだけは必要でしょっていうものはなんだかわかりますか?

ちょっとそういうものを考えてみました。

パソコンで、絶対に必要なものは「CPU」と「メモリ」でしょうかね?

それ以外のも必要なパーツというものはありますが、極論を言うと1チップマイクロコンピュータのように1つのCPUに機能がてんこ盛りのものもありますからね。

ここでは普通のパソコンを前提に考えてみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




CPU(中央処理装置)

シーピーユー と読みます。

英語ではCentral Processing Unitと言います。

いわゆるパソコンの頭脳にあたります。

よく使われる「プロセッサ」とか「マイクロプロセッサ」という語もほぼ同義です。

CPUでやっていることは、メモリから命令とデータを読み込んで、それを粛々と命令にしたがって、データを加工したり、計算、演算を繰り返しています。

ちなみに昔のコンピュータは、たくさんのIC回路やトランジスタなどの電子部品をたくさん組み合わせて、CPUと同じ働きをさせていました。

その後、大規模集積回路(LSI)の発達によって、それらの働きをするものを1個ないしごく少数のICチップに押し込むことができるようになって、今のCPUの形になっています。

FPU(浮動小数点演算処理装置)

FPU(Floating Point Unit)とは、浮動小数点演算を専門に行う処理装置のこと。

つまりは、浮動小数点の計算をCPUの機能でやらせるととても時間がかかるので、浮動小数点を専門に扱う頭脳をCPUの横っちょに追加したということです。

CPUとセットで使うものや、CPUと一体化したものなどさまざまです。

CPUやFPUなどのイメージはこんな感じですね。

複雑な計算をしないのであれば、不要かも。。。しれないパーツですが。

メモリ

データを記憶しておくところです。

役割としては、コンピュータが処理するためのプログラムを一時的に全部置いておくところです。

通常、CPUが使わないプログラムやデータは二次記憶装置に置いておきます。

メモリは二次記憶装置に対して、一次記憶装置といいます。

その特徴で言いますと、プログラムやデータを読んだり、書いたりする速度が速いんです。

CPUの速度にちゃんとついていく速度で読み書きができるようになっています。

逆に電源がOFFになると覚えている内容がすべて消えてしまいます。

イメージとしてはこんなやつです。

二次記憶装置

二次記憶装置というのは、電源がOFFになっても記憶しているプログラムやデータが消えないもので、大量に記憶・保存しておけるもののことを言います。

代表的なものとしては、ハードディスクになりますね。

最近では、ハードディスクに代わるものとして、SSD(ソリッドステートドライブ)なんていう装置もでてきていますね。

他にも、昔はよく使ったフロッピーディスクなども二次記憶装置です。

USBメモリーや、SDカードも同じですね。

大昔は、これらに加えてカセットテープなんてのもありまして、テープ装置もここに分類されると思います。

入出力装置

上記以外は、ほとんどが入出力装置になるかなぁと思います。

「I/O(アイ・オー)」とよく言われるものです。

InputとOutputの略です。

代表的なI/O装置は、ディスプレイとキーボード、ポインティングデバイスですね。

ディスプレイ装置にはほぼほぼ、テレビのような画面となります。

ポインティングデバイスの代表格がマウスです。

それ以外のI/O装置として代表的なものには通信装置があります。

パソコンで一般的に装備されているものには

  • ネットワーク(インターネット)
  • USBポート
  • HDMIポート

などでしょうか。

一昔前はこれらに代わって

  • シリアルポート(モデムなどを接続)
  • パラレルポート(プリンターなどを接続)
  • テレフォンジャック(モデム内蔵で電話線を接続)

それ以外によく装備されているI/O装置としては

  • イヤホン/マイクジャック
  • SDカードドライブ

などがあります。

I/O装置は挙げれば、キリがないですね。(笑)

こんな感じで、パソコンの最低限の構成パーツを考えてみました。

図にするとこんな感じでしょうか。(絵が下手ですみません。)

最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツとスポンサーリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク