入社前の健康診断でさっそく引っかかり、入社できないのではないかとヒヤヒヤした日々の話

こんにちわ。

50代で、社会人生活も先が見えてきた僕ですが、20代のころの振り返りをしています。

前回、就職活動の話を書きました。

就職活動の時からちょっとダメダメだったぼくです。
こんにちわ。 大学生当時、遊びとバンド活動ばっかりやってて、世の中を知らなかったぼく。 就職活動を甘く見ていました。 ...

今回は、内定をもらったものの健康診断に引っかかってヒヤヒヤした話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




内定式と入社前検診

ちょー適当な就職活動をして、とにかく1社、内定がでたらすぐに就職活動を終了したぼく。

入社前に、内定式なるものがありました。

要は内定の決まった学生が浮気をしないようにするための囲いこみですね。

もちろん、1社しか内定をもらっていないぼくは、迷わず出席しました。

いや~、はじめて会いました、同期入社の方々。(笑)

そこでお食事会があったのですが、それに先立って健康診断もありました。

その健康診断が、ぼくをしばらく悩ませることになったわけです。

入社前検診で異常が。。。

ちょっとは心配していたんですよね。

健康診断。。。

もともと、若い時からぼくは血圧が高めです。

その上、看護婦さんを見ると緊張して、更に血圧が上昇するという「白衣高血圧」ってやつです。

しかも、疲れると尿にタンパクがおりることもあって、小学校の時も中学校の時も、そして高校でもそれぞれ1,2回は検尿でひっかかったことがあるんですよね。

なので、何か健康診断でひっかかるんじゃないかと、ちょっと気にはなってたんですよ。

そしたら、案の定、内定式からしばらくして、会社の総務から電話をいただきました。

「健康診断でちょっと問題があるので、再検査に行きましょう。」

再検査

あ~、やっぱり。。。

って、思いました。

高血圧か、尿のタンパクのどちらかが引っかかった。。。

という訳で、ちょっと憂鬱な気分で後日、会社の総務の採用担当の方と待ち合わせて病院にいきました。

で、健康診断の結果を見せてもらうと、

えっ、心電図??

意外でしたよ。

うちの父親は、腎臓が悪くて入院したことがあるし、両親の家系では結構、高血圧で治療してた人はいるのですが、ガン家系でもないし、心臓が悪くなった親戚は一人もいなかったんですよね。

なんでかな~って不思議に思ったわけですが、そこからが大変でした。

その日も改めて、心電図をとったのですが、やっぱり心電図に異常が出たようなんですよね。

マジか!

いやー、言われのない嫌疑をかけられたようで身の置き場がない感じ。

そして何度か、心電図を取り直しました。

その時ちょっと、ぼくとしてはヒヤヒヤしてたんですよね。

健康上の理由で、内定取り消しにならないか?

って。

マジびびりましたよ。

その頃は既に大学4年の秋も終わりの頃で、そこから再度、就活なんて無理!って思ってモンモンとしました。

頼むから、なんとかなって~!!

もちろん、何の自覚症状もないんでね。。。

結局、そのあとの心電図では異常は出なくなりました。

いやー、なんだったんでしょうね?

内定式もこの時も、緊張とストレスが原因だったんでしょうか?

いずれにしても内定は取り消されず、無事、入社式を迎えることになりました。

それ以降、心臓はいたって普通です。

毎年の健康診断で、心電図をとるときは必要以上にドキドキしますけれどね。

入社後の健康診断では一度も、心臓の異常を検出したことはありません。(笑)

20代同期入社(中途入社は除く)が30年経つとどうなったか。。。ぼくの場合
こんにちわ。 社会人としてちょっとダメダメなぼくの20代の時の話です。 1980年代後半です。 入社前健康...

最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする