ビジネスマンの身だしなみ。雨の日に長靴が履きたくなったら。。。

こんにちわ。

どちらかと言うと身だしなみにあまり気を使わない男性の部類に入るぼくです。

ぼくが言っても説得力はあまりありませんが、ビジネスマンにとって身だしなみは、やっぱり大切です。

最近では若いビジネスマンは、オシャレな人が多いですよね。

うらやましいかぎりです。

ぼくはもう中年のおじさんなので、オシャレよりも清潔感やマナーをぼくは大切にできたらなって思います。

前回は、名刺入れの話を書きました。

ビジネスマンの身だしなみ。名刺入れは定期的に買い換えましょう。
こんにちわ。 どちらかと言うと身だしなみにあまり気を使わない部類に入るぼくです。 ぼくが言っても説得力はあまりありません...

今回は、雨の日の長靴の話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ビジネスに長靴はOKなのか?

日本には梅雨なるものがありますし、冬になると雪も結構振ります。

しかし、どんなに雨が激しくてもビジネスシーンではちゃんとした革靴を履くのがビジネスマナーです。

しかし、通常の革靴は水に弱いんですよね。

雨が内部に染み込んでしまうこともしばしばですし、靴下までぬれてしまったら不快極まりなく、テンションは下がるばかりですよね。

これじゃ、仕事に集中することなんてできませんし、靴には水染みが残ったり、微妙に形が変わるなど靴自体が劣化する心配もあります。

実際、雨の多い日本ではこれまでも雨に強いビジネスシューズは数多く登場してきました。

ですが、合皮製だったり、デザインがダサかったりと今までは、なかなかいいものがありませんでしたよね。

ですが、ここ数年、見た目はフォーマルな革靴なのに防水仕様のもの、雨に強い素材を使っているのに革靴にしか見えないシューズなどがいくつか登場してきているようですよ。

デザインを犠牲にすることなく、普段通りのスタイルで使えて、しかも急な雨にもしっかり対応できる。。。

雨の日の移動が快適になり、取引先への失礼もない一石二鳥ですね。

そんなレインシューズをいくつか

男性ビジネスマンは女性ビジネスマンのように、雨の日用のおしゃれな長靴を持っている人はほとんどいませんし、ビジネスシーンで履いている人もほとんど見かけません。

そこで、男性用の「これって本当にレインシューズなの?」という見た目の靴をいくつか見てみましょう。

たとえば、このようなモンクストラップレインシューズ。

これってレインシューズなの?と驚くかもしれないぐらい、普通の革靴と変わらないようなデザインです。

特に、モックストラップ型であれば、雨を吸収してしまう靴紐もないのが最大のメリットです。

ほかには、ウィングチップレインブーツというのもあります。

雨の日用のシューズを買うなら、足首くらいまで濡れないようにしたいという方にピッタリなレインブーツです。

これはブーツなのでビジネスシーンによっては、その場にそぐわない可能性もありますが、見た目は普通のショートブーツですよね。

こういうショートブーツのようなものであれば、ライベートの雨の日にもデニムなどに合わることができますので、1足持っておくと重宝しますよね。

雨の日にちょうどいい靴をお探しなら、こういった靴を検討してみるのもいいかもしれませんね。

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする