社会人12年目。宮城県で食品製造業の配送センターの立ち上げに苦労した話①

こんにちわ。

社会人になって12年目です。

30代前半。

東京の小さなコンサルティング会社に出向中です。

出向してからは、コンサルティングスタッフとして中堅企業や中小企業を中心にコンサルティングとその周辺の仕事をしています。

社会人12年目。お客さんの視察旅行に同行して宮崎県に行った話。
こんにちわ。 社会人になって12年目を迎えました。 30代前半。 東京の小さなコンサルティング会社に出向中です。 ...

結構、出張が多いです。

北関東や東北地方の仕事が多いですね。

社会人12年目。

ぼくのコンサルタントとしてのキャリアの中で一番大きな仕事は、仙台での仕事です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




食品製造業の配送センター

コンサルティングの仕事も何件か、コンサルタントのお手伝いをして約2年といったところでさっそく、メインで担当しないかと言われた仕事がありました。

東京からはちょっと遠いのですが、宮城県の食品製造業の会社で配送センターを作るという話があってそれを支援する仕事を担当することになりました。

それまで、製造工場のとなりの倉庫と空きスペースで配送の仕事をしていたのですが、そこが手狭になったので、配送センターを作りたいとのこと。

自分達でやろうと思ったけれど、人手が足りないのと、コンサルタントのアドバイスも欲しいということで支援させていただくことになりました。

決めないといけないことが沢山

配送センターを一から立ち上げると言うことで、上司のコンサルタントの支援を受けながらお客さんの作業の支援をすることになったのですが。。。

特にかく、何もかもが決まっていなくて、決めないといけないことが沢山ありました。

たとえば、業務標準。

工場と別の場所に配送センターを作ることにしたので、作業の流れを組み換えたり、時間的な無理がないかなど、標準的な作業の流れの検証をしたり。。。。

出荷量の調査をして、配送センターのキャパをきめたり。。。

効率的な配送をするために、配送センターの立地の候補を絞り込んだり。。。

どの程度の機械化をするのか? どの程度、情報システムで作業支援をするのか。。。

とにかく、いろんなことを打ち合わせを繰り返し、繰り返しおこなって、決めていきました。

七夕まつり

そんなこんなで、1年近く東京と宮城県をいったりきたりしていました。

宮城県では、仙台市内に泊まることがけっこう多かったです。

さすがに宮城県は東北の中心なんですが、それでも繁華街はそんなに多くありません。

県内各所に観光ホテルや観光旅館はたくさんありますが、ビジネスホテルはやっぱり少ないです。

仙台市内に泊まった時の思い出のひとつは、七夕祭りでしょうかね。

東北三大祭りのひとつです。

青森のねぶた、秋田の竿燈、仙台の七夕ですね。

祭りといっても、七夕祭りは商店街にずらーっと七夕飾りがあるだけなんですけれどね。

それでも、結構仕事はハードだったので、気分転換にはなって、楽しかったです。

社会人13年目。宮城県で食品製造業の配送センターの立ち上げに苦労した話②
こんにちわ。 社会人になって13年目です。 30代も半ばになりました。 そして、東京の小さなコンサルティング会社に...

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする