ミドル脂臭の話と加齢臭の話

こんにちわ。

既におじさんの僕としては、まわりに不快なニオイをまき散らしていないか心配です。

ですが、自分のニオイってわからないものです。

ですが、確実に出ているような気がします。

そんな、ミドル脂臭と加齢臭の話を少ししたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「ミドル脂臭」って?

「ミドル脂臭」ですが、30代半ば~50代半ばのおじさんから匂ってくるニオイです。

原因となる成分は「ジアセチル」と言って、汗の中の乳酸が皮膚上の常在細菌(ブドウ球菌)に代謝・分解されることによって発生するそうです。

この「ジアセチル」と「皮脂臭(中鎖脂肪酸)」が混ざることで、「ミドル脂臭」となります。

主な発生場所は後頭部・頭頂部・うなじで使い古した油のようなニオイがするのが特徴です。

そういえば、おじさんは襟が汚れやすいですよね。(笑)

ミドル脂臭をまとめるとこんな感じです。

  • 30代半ば~50代半ば
  • ジアセチルが皮脂由来の中鎖脂肪酸と混じって発生
  • 後頭部、うなじを中心に発生
  • 使い古した油のようなニオイが特徴
ところで、40代になると男性がよく汗をかく部位は「ワキ」から「後頭部~首の後ろ」へと変化していくそうです。
「後頭部~首の後ろ」の汗が多くなると「ミドル脂臭」が発生する可能性が高くなります。
また、40代になると加齢により頭皮脂が粘性の高いねっとり頭皮脂に変化し、「ミドル脂臭」はその頭皮脂に蓄積します。

ミドル脂臭への対処法

ミドル脂臭をケアするためには殺菌・代謝を抑制とともに、ねっとり頭皮脂ごとしっかり洗浄する必要があります。
そのためにはシャンプー選びと洗髪方法が大切です。

シャンプーの選び方

「ミドル脂臭」を防ぐためにはシャンプーの選び方が重要です。
ニオイ成分「ジアセチル」の発生原因となる菌を殺菌し、代謝が抑制される成分が配合された「ミドル脂臭」対策用シャンプーを選ぶといいでしょう。
また、ミドル男性特有のねっとり頭皮脂をしっかり落とせる洗浄力の高さが選ぶときのポイントです。

髪の毛の洗い方

  1. ブラシや手ぐしで髪をとかし、髪や頭皮の汚れを浮き上がらせ、落としやすくします。
  2. お湯が頭皮まで届くようにシャワーを頭全体にあて、汚れを洗い流していきます。シャワーの水流が頭皮に対し90度にあたるように流すと毛穴の中の汚れが落ちやすくなります。
    このようにシャンプー剤をつける前に頭皮や髪を洗い流すことで、粘性の高いミドルの頭皮脂もやわらかくなり、落としやすくなります。
  3. 襟足から丁寧に洗う 全体をまんべんなく洗えるように30度下を向きます。そしてシャンプーを手で軽く泡立て、泡を頭全体につけ頭頂部でしっかり泡立てます。

洗う順序は、1.襟足⇒2.もみ上げ⇒3.前頭部(顔周りの生え際)⇒4.後頭部⇒5.頭頂部という順番です。

抜け毛を気にして、しっかり洗わない人も多いでしょう。でもそれは、NGです。

男性のシャンプーは、『頭皮を洗う』という意識が大事です。

汚れ具合と洗い方

皮脂や汚れが多いとシャンプーが泡立ちにくいので、シャンプーの泡立ち加減が頭の汚れ具合を見るポイントとなります。

シャンプーの泡立ちが悪い場合は、2度洗いがおすすめです。2度洗いは上記のように洗う順序1~5まで終わったら一度洗い流し、これを2回繰り返して行います。一回のシャンプーにつき約1分半ぐらいかけて丁寧に洗います。

頭皮も乾かしましょう

髪を乾かすときは地肌を拭くようにして髪と頭皮を乾かしていきます。

タオルを頭にのせ、タオルの上から頭に指を立てて地肌をやさしく拭いていきます。

「加齢臭」とは

次に加齢臭の特徴を見てみましょう。

50代半ば以降から本格的に発生するのが「加齢臭」です。

加齢臭は皮脂成分が酸化されることで発生します。

胸や背中などの体幹部を中心に発生し、枯草のようなニオイがします。

加齢臭の特徴をまとめてみましょう。

  • 50代半ば以降から
  • 皮脂成分が酸化されて発生
  • 胸や背中などの体幹部を中心に発生
  • 枯草のようなニオイが特徴的

加齢臭の対処法

対処法としては消臭効果のあるボディシャンプーやボディペーパーを使用するのがいいですよ。

「加齢臭」は皮脂成分が酸化されることで発生します。

常在細菌の代謝によって発生するわけではないので、消臭成分の配合された防臭効果のあるボディシャンプーを使ったり、ボディペーパーで皮脂をこまめに拭き取ったりするのが効果的です。

入浴時には、背中の洗い残しがないように注意することがポイントです。

ケアのポイントは体幹部分の皮脂が酸化する前と後の対処をこまめにすることです。

また、なかなか洗濯できない冬用の衣類などにはニオイが蓄積しやすいので、衣類用の消臭スプレーを使用するとよいでしょう。

  • 消臭成分の配合された防臭効果のある洗浄剤を選ぶ
  • こまめにボディペーパーで皮脂を拭き取る
  • 背中の洗い残しに注意
  • 洗濯できない衣類などにニオイが蓄積しないよう衣類用消臭スプレーを使用する
ミドル脂臭と加齢臭、どちらも普段からの対策が大事ですよね。
最後までおつきあい、ありがとうございました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする