ぼくのところにくる迷惑メールはたくさんあるけど、ぼくは基本、無視するだけです。

こんにちわ。

長年、パソコンを使っていて、インターネットと接続しているとワサワサと増えてくるのが迷惑メールですよね。

単なる、宣伝のメールだったり、怪しい勧誘メールだったり、訳のわからない英文メールだったりします。

中には開いちゃいけないウィルスに感染するメールもあるわけで。

特に最近は「身代金要求ウイルス」が世間を騒がしています。

アンチウイルスソフトの定義ファイルの更新頻度なんかを見ていると、日々日々、色々なウィルスや迷惑メールが増え続けているのがわかります。

それに対して、ぼくらのような一般のパソコンユーザーがひとつひとつ対応することは技術的にも時間的にも無理がありますよね。

ぼくにはそんな技術も時間も気持ちの余裕もありません。

なので、極力、迷惑メールやそれに伴うコンピュータウィルスの被害を受けないような予防策などを自分なりに考えてやっています。

ありきたりなことばかりですが、ご紹介しておきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




物理的なインターネットの経路を制限する

とにかく、インターネットの世界はコストがかからず、誰でも自由に使える環境です。

しかも匿名性が高いです。

そのため、いい人もいるし、残念ながら悪い人もいるわけです。

そんなインターネットの世界に無防備に自分をさらすことはちょっと危険です。

なので、ぼくはインターネットとの経路を可能な範囲で限定して、何かあったとしてもどういう状況でそうなったのかが特定できるようにと考えています。

ぼくの場合は、有線はフレッツ光で、プロバイダーは「ヤフーBB」です。

そして、インターネットにつながるのはあとは携帯電話回線で、こちらはソフトバンクです。

無料Wi-Fiスポットは基本的に使いません。

ソフトバンクのWi-Fiスポットが使えれば、使うことがありますが、公衆Wi-Fiスポットはどの程度信頼していいのかわからないので繋がないようにしています。

どうしても、外で頻繁にインターネットにつながないといけなくなったら、テザリングのオプションをソフトバンクに申し込むと思いますが、今のところは必要に迫られていません。

外に必要以上に家のパソコンは持ち出しませんし、USBメモリや外付けのHDDも自分の把握する以上のものが接続されることを家族にもダメって言っていますので。

このように経路を限定していますので、もし万が一、トラブルに見舞われた場合、経路に問題があったのかどうかの問題切り分けが簡単で情報収集も容易になると考えています。

複数のメールアドレスを使い分ける

ところで、1つのメールアドレスしか持っていなくて、ネットバンキングもオンラインゲームも、ネットショッピングも、その他のサービスのユーザー登録もなにもかも1つのメールアドレスを使いまわしていませんか?

インターネットでいろいろなサイトやサービスにメールアドレスを登録する必要がある場合は、複数のメールアドレスを取得して、用途に応じて使い分けるというのが今や常識になっています。

ぼくが思うには少なくとも3つぐらいのメールアドレスを取得して使いわけるのがいいと思います。

もちろん、複数なら2つでも、4つでもいいですよ。

使い分けられるなら、もっと多くてもいいですけれど、それはそれで大変です。

1つめは、信頼できるプロバイダーから取得できるメールアドレスで、本当に重要なメールだけが届くようにしています。

また、下記のフリーメールアドレスでの登録が不可のサービスについては、よくよく検討して、このメールアドレスを使うことがあります。

そして、重要なのがこのアドレスは必要なければ、できるだけ他人には教えないようにすることです。

2つめ、3つめはフリーメールアドレスと呼ばれる無料のメールアドレスでいいと思います。

一過性のサービスを利用する場合や、多少信頼性の低いサービス、1つめのメールアドレスを

開示したくない相手などには、この2つめ、3つめのメールアドレスで対応します。

2つめ、3つめのメールアドレスは、個々の重要度などで分けて使えばいいと思います。

このフリーメールアドレスも色々ありますが、様々なトラブルに遭遇した時に対処しやすいということを考えるとGmail(グーグル)やYahooMail(ヤフー)にしておくのが安心です。

ぼくの場合は、1つめのメールアドレスは現在利用しているインターネットプロバイダーの「ヤフーBB」とは異なるプロバイダーの有料メールアドレスをずっと使っています。

そして2つめ、3つめはGmailとYahooMail。

一応、自分にとっての重要度でGmail > YahooMailで分けています。

ぜんぜん重要でないけど、とりあえずメールアドレスの登録が必要な場合は、YahooMailです。

また、上記とは別にスマホのメールアドレスを持っていますが、こちらも1つめのメールアドレスと同じようにスマホ関連で重要なメール以外は飛んでこないように使い分けています。

ぼくのところに届く迷惑メールの数

こんな、ぼくのところに1日あたりに届く迷惑メールの数ですが、ぼくが迷惑メールだと思っているものが1日に100通ぐらい届きます。

この100通というのが多いのか少ないのかはわかりませんが、割合で言うと、プロバイダーのメアド、Gmail、YahooMailで10:1:100ぐらいの割合です。

Gmailですが、一番最近取得したアドレスということもありますし、実際にはある特定の用途で使用している関係から、ほとんど迷惑メールが来ていません。

月に数件くるかこないかのレベルです。

一方、プロバイダーメールは一番長く使用していることや、4,5年前まではなんでもこのメールアドレスで対応していたことから、過去にメールアドレスが漏れたんだと思われる迷惑メールが、日々数件届きます。

ですが、このメールアドレスを何かのサイトの新規登録で使うことは今は、ほとんどないので、徐々に迷惑メールの数は減って来ています。

そして、YahooMailですが、とにかくちょっとでも怪しいと思うサイトはこのメアドで登録してきた経緯から、バンバン迷惑メールが飛んできます。

迷惑メールが来た時のぼくの対処法

そして、迷惑メールが来た時のぼくの対処法ですが、基本的にはタイトルをざっと見て削除するだけです。

ほとんどが、YahooMailに飛んでくるのですが、だいたいYahooMailがフィルタリングしてくれて、迷惑メールフォルダーに置いてくれます。

なので、ほんとに迷惑メールかどうかをタイトルと送信者で判断して、迷惑メールならとにかく削除します。

実際に迷惑メールの中でも悪意のありそうな添付ファイルがついているものはごくわずかですが、それ以外でもとにかくメールを開かせようとするメールはたくさん来ます。

ですが、基本的にあやしいメールは開かない方がいいので、とにかく削除するのみです。

もし、本当に必要なメールが紛れ込んでいたら?って心配になることがあるかもしれませんが、一応、件名だけはざっと目を通しますし、誤って削除してもそういうメールの場合は再送されてくるか、別の通信手段で連絡が普通はあるはずです。

そしてぼくはこの5年、それで困るようなこともなかったです。

あと、迷惑メールの数に辟易して、送信停止の申請をしようと送信元に連絡しようとするのもやめた方がいいと思います。

そういう何らかの行動をすると、相手にアクティブなメールアドレスだということが知れてしまい、更に迷惑メールが増えることになりかねません。

それよりも、迷惑メールが送られてくるままに放置しておいて自然に減るのをまったほうがいいと思います。

放置していると、自分のなんらかの行動によって送られてくるようになった迷惑メールの上限が見えてきます。

また更にそのまま放置しておくと、少しづつ自然に迷惑メールの数が減っていくのがわかります。

迷惑メールはゼロになることはないのですが、気にならない程度には減ってくるので、ぼくはそれで良しとしています。

なお、念のために言っておきますが、怪しい(かもしれない)サイトにメールアドレスを登録しつづけていると迷惑メールは減りませんので。(笑)

インターネットは、それを使う人間と同じく、いい面もあれば悪い面もあります。

結局、インターネットは使う側のユーザーが、悪い面を理解した上で上手につかっていくことが必要なインフラなんだと思います。

迷惑メールに対してはぼくは上記のような対応をしていますが、もちろん、ぼくの個人のパソコンにはアンチウィルスソフトが入っています。

やっぱり、最終防衛ラインはアンチウィルスソフトですから。

最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする