ビジネスマンの身だしなみ。マフラーの選び方や巻き方にも気を使いましょう。

こんにちわ。

どちらかと言うとダメな社会人に近い、ぼくが言っても説得力がないのですが、ビジネスマンにとって身だしなみは、やっぱり大切です。

それにしても最近の若いビジネスマンは、オシャレな人が多いです。

でも、たまにビジネスマナーとしてどうかな?って人も多いのも事実。

前回は、ビジネスシーンでのネクタイの選び方を調べてみました。

ビジネスマンの身だしなみ。ネクタイの長さや太さにもマナーがあるの?
こんにちわ。 どちらかと言うとダメな社会人に近い、ぼくが言っても説得力がないのですが、ビジネスマンにとって身だしなみは、やっぱ...

今回は、首つながりでマフラーの話です。

ぼくはあまりマフラーはしないので、マフラーについては無頓着です。

でも、もしかしたらビジネスシーンでのマナーってありそうなので、調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




マフラーとビジネスマナー

意外にもマフラーもビジネスシーンに使える、使えないといったマナーのようなものがあるようです。

たとえば、スーツやジャケットを着るときのビジネス用のマフラーは、カジュアル過ぎてはいけません。

防寒用の小物ですから、マフラーも相応の上品なものを選ぶといいようです。

相応に上品なものといっても迷いますよね。

その時は次のポイントで選ぶようにしましょう。

まず、マフラーには大きく分けて「織り」と「編み」の2種類があります。

スーツやジャケットを着るビジネスシーンでは基本的に「織り」のマフラーを合わせるようにします。

「編み」だと、巻いたときにボリュームが出過ぎるので、ビジネスには不向きです。

素材は上質なウールがいいようですね。

次に、マフラーの色ですがネイビー、ブラック、グレー、ブラウンなどビジネススーツに用いられる系統の色を選ぶと無難ですね。

たとえばネイビースーツには、ブラックやグレー、ブラウンのマフラーを。。。

グレースーツだと、ブラック、ネイビー、グレーのマフラーが合わせられます。

そして、柄については無地またはクラシックな柄物を選ぶようにします。チェック柄ならウィンドーペンや千鳥格子、グレンチェックなどのチェック柄がいいでしょう。

また、ストライプ柄ならピンストライプやペンシル&チョークストライプなどのストライプ柄にしましょう。

全体的に地味かなーって思われるかもしれないですが、ドレスコードのおカタい業種はこのようなマナーを知っていた方がいいでしょうね、

一方、IT系とかファッション業界などの服装自由な業界は好きなマフラー巻いてもいいと思います。

マフラーの巻き方もチェック

マフラーの巻き方も、ビジネスシーンにあう、あわないと言うのがあるようです。

コートに似合うマフラーの巻き方としては、コートを着てコートのボタンを留めた時時に胸元隠れるような巻き方が良いとされているそうです。

逆に、コートの内側が見えてしまう巻き方はダメですね。

また、首にかけるだけのタイプの巻き方もコートにあいますね。

シンプルなのに格好いい「ループノット」、カッコよく保温性も高い「ピッティ巻き」、見た目が非常に格好いい「ジョルジオ巻き」などがいいと思います

一方、スーツに似合うマフラーの巻き方となると、結構どのような巻き方でも自然にマッチするようで、巻き方を選びません。

ただし、コートに似合う首にかけるだけのタイプの巻き方はだらしなく見えるのでやめた方がいいでしょう。

中でも、シックで大人っぽく見える「クロスノット」、紳士風の「ハイラップ」などを試してみるといいと思います。

実際の巻き方は、うまく説明できないのでそれぞれ専門のサイトをご覧いただければと思います。

いかがでしょうか?

最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする