ビジネスマンの身だしなみ。ビジネススーツにカジュアルな靴下はやっぱりダメですか?

こんにちわ。

どちらかと言うと身だしなみに気を使わない方の部類に入るだろうなと思うぼくです。

ぼくが言っても説得力はあまりありませんが、ビジネスマンにとって身だしなみは、やっぱり大切です。

ぼくから見ると最近では若いビジネスマンは、オシャレな人が多いですよね。

でも、かならずしもオシャレ、イコール、ビジネスマナー的に良いとは言えないかもしれません。

前回は、ビジネスマンの男性の指輪について調べてみました。

ビジネスマンの身だしなみ。結婚指輪はOKそうだけど、普通の指輪は?
こんにちわ。 どちらかと言うとだらしない方の部類に入るだろうなと思う社会人のぼくが言うもの説得力があまりありませんが、ビジネス...

今回は、ビジネススーツにあわせる靴下の話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ビジネス用の靴下

ビジネス用の靴下。。。。

あまりにも派手なものや、中高生が履くような白い靴下はどうかなって思います。

でも、それ以外にビジネスマナー的にNGな靴下ってあるんでしょうか?

実はあるようですね。

スーツスタイルでは靴下は見えにくいアイテムなんですが、足を組んだ時や訪問先で靴を脱ぐ機会など、スーツスタイルの靴下は気を付けなければならないポイントです。

まず、ビジネスにおけるスーツスタイルで絶対に履いてはいけないマナー違反の靴下についてです。

とにもかくにも白い靴下はダメです。

白い靴下はスーツにまったく似合いませんからね。

周りの人から「常識の無い人」という印象を抱かれてしまいますので絶対に避けましょう。

また、短めの靴下もNGですね。

ビジネスやフォーマルな場面ではすね毛が見えるのはマナー違反ですので、すね毛が間違っても見えない長さの靴下を選ぶ必要があります。

そして、靴下の色も重要なポイントです。

スーツの足元から見える靴下の色が赤や黄色の人をビジネスパートナーとして信用できないと思ってしまいますよね?

ビジネスにおいて靴下の色は、基本的には「黒」「グレー」「ネイビー」の3色から選ぶのが基本です。

次にスーツに合う靴下の選び方ですが、色はスーツのパンツの色に合わせるのが基本です。

ブラックスーツには黒の靴下、グレーのスーツにはグレーの靴下といった具合です。

また、靴下の柄もスーツに合わせるのが基本です。

色とは逆にスーツがストライプなどの柄物なら靴下は無地を選びます。

反対にスーツが無地なら柄物の靴下でもOKです。

靴下の値段の相場など

残念なことに、ぼくはスーツにちゃんと合わせるほど気を使ってはいません。

スーツは濃紺や黒っぽい基調なので、靴下はグレーやブラウン、黒を持っていますが色を合わせることはあまり気にしていません。

また、ストライプのスーツにストライプの靴下を履いちゃうことも多々あります。

そういったところが、無頓着でだらしないところですね。。。

さて、スーツに合わせる靴下は例えば、ユニクロなんかで買った物でもいいかどうかですが、このあたりはあまり気にしなくて良さそうです。

ただ、靴下の長さや厚さが無難なものを選ぶなら、一般のスーツショップがおすすめですね。

また、靴下の相場ですが、普通にスーツショップで販売されているものならなんでもいいと思います。

一足700~1,000円前後のものでいいんじゃないでしょうか?

中には、ブランド物で一足5,000円ぐらいするものもありますが、靴下はあくまでも消耗品なので、ぼくとしては価格は抑えめで、かつ長時間履いてもストレスのないものを選ぶのがいいと思っています。

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする