ビジネスマンの身だしなみ。靴磨きはマメにやっていますか?

こんにちわ。

どちらかと言うと身だしなみに無頓着な部類に入るぼくです。

そんなぼくが言っても説得力はあまりありませんが、ビジネスマンにとって身だしなみは、やっぱり大切です。

ぼくはもう中年のおじさんなので、オシャレよりも清潔感やマナーをぼくは大切にできたらなって思います。

前回は、ビジネスバッグの話を書きました。

ビジネスマンの身だしなみ。ビジネス向けの男性用トートバックはどう思う?
こんにちわ。 どちらかと言うと身だしなみに無頓着な部類に入るぼくです。 そんなぼくが言っても説得力はあまりありませんが、...

今回は、ビジネスマンの靴を磨く話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




一般的なビジネスシューズの手入れ

ビジネス用の靴。

せっかく良い靴を揃えても、きちんとお手入れをしないとすぐにくたびれてきます。

お気に入りのシューズを長く履くために自宅で簡単にできるお手入れ方法を知っておくといいですよね。

まずは、毎日同じ靴を履いてはだめですよ。

靴が吸った足の汗は2~3日で消えていくそうです。

毎日履き続けると、汗や汚れが蓄積してしまい、ケアだけでは戻すことの出来ないダメージを与えてしまいます。

同じ革靴を履くのは週に2、3回になるよう、3足以上の革靴をローテーションして履くのがいいそうです。

そして、靴の保管ですが、湿気の多い場所での保管や、ヨレた状態での保存は、型崩れの原因になります。

シューズキーパーなどを利用して、通気性の良い場所に保管するのがいいですよ。

そして、お手入れです。

自宅でできる 基本的な革靴のお手入れは、

1.毎日のお手入れ

2.月1回のお手入れ

と、大きく二つに分けて行っていきましょう。

まず、 毎日のシューズケアです。

まずは靴全体をブラッシングします。

使用するものは「革靴用ブラシ」です。

細かいホコリを落とすように、軽く優しくブラッシングしていきましょう。

強くブラッシングする必要はありません。

そして、布で拭きます。

汚れが目立つ部分がある場合などは、柔らかい布で拭きましょう。

ブラッシングと同様、傷つけないように優しく拭いていきます。

履いた後のシューズケアはこれでOKです。

そして、月1回はやりたい、定期的なお手入れです。

ここで使うのは、「革靴用クリーナー」「革靴用クリーム」です。

まずは、毎日のケアと同じように靴全体をブラッシングし、柔らかい布で拭いていきます。

そのあとに、布にクリーナーをつけて、革靴の汚れを拭き取っていきます。

布に適量のクリーナーをつけて、革靴全体に薄く塗っていきます。

そして、クリームを塗って、革を保湿します。

革靴用クリームを塗ったら、2~3分待ちましょう。

最後に、布で乾拭き(又はブラッシング)します。

過剰なクリームの保湿は、逆に革に負担をかけてしまいますので、余分なクリームをしっかり取り除くようにして乾拭きすれば、革はいっそうツヤツヤになります。

100均の靴磨きスポンジはダメ?

さて、靴のお手入れですが、市販の靴磨きスポンジを使うのもありですよ。

最初にブラッシング。

これは大事です。

豚毛のブラシを使い、ホコリを払うようにブラッシングしましょう。

そして、次に使うのが市販の靴磨きスポンジ。

最近では、コンビニや百均でも購入できるやつです。

軽く拭くだけで、中にしみこませたオイルの力でツヤが出ます。

こうすれば、毎朝の手入れが簡単になります。

しかし、ブラッシングしてから使うようにしましょう。

そして、たまには休みの日に丁寧に手入れするといいでしょうね。

いかがでしょうか?

出来る範囲で上手に靴のお手入れできるといいですね。

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする