ビジネスマンの身だしなみ。ウォームビズ?スーツの下にニットのセーターやベストはどう?

こんにちわ。

どちらかと言うとダメな社会人に近い、ぼくが言っても説得力がないのですが、ビジネスマンにとって身だしなみは、やっぱり大切です。

最近の若いビジネスマンは、オシャレな人が多いです。

でも、オシャレとビジネスマナーは両立しないこともしばしばです。

前回は、メガネのフレームの色やレンズの色の話をしました。

ビジネスマンの身だしなみ。メガネに関するマナー(フレームやレンズの色?)
こんにちわ。 どちらかと言うとダメな社会人に近い、ぼくが言っても説得力がないのですが、ビジネスマンにとって身だしなみは、やっぱ...

今回は、ニット製品の話です。

冬になって寒くなると、スーツの下にニット製品を着ている人が増えます。

昨今は、クールビズに続いてウォームビズなることも言われるようになりました。

さて、このニット製品はビジネスマナー的にはOKなんでしょうか?NGなんでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ビジネスマナーとニットのセーター

それって、だいじょうぶじゃないの?と思われる方も多いかもしれませんね。

ですが、スーツの下にニットは実はミスマッチ。

一般的なビジネスシーンにおいて、スーツの下にはシャツ+ネクタイが基本と言われています。

なので、基本的にはNGですね。

ですが、これは働いている会社の社風や方針によっても違いますし、上司や先輩がそれをよしとするか否かもよりますので、あくまで一般的なビジネスマナーではNGということになります。

スーツ着用の正式なルールの観点からでは、正しいフォーマルな着こなしではないという理解でしょうか。

そもそも、セーターという服はカジュアルなアイテムになるのです。

基本的に着用して良い時は、ウォームビズスタイルが可能な会社の社内や取引先だと心得ておいた方がいいでしょう。

また、ビジネスシーンで着るセーターはVネックが主流となっています。

そしてスーツに合った色のセーターを選ぶようにしましょう。

ビジネスマンは何と言ったって見た目が重要です。

色や柄を選ぶ時は、スーツと同系色の物かスーツの差し色になるものがポイントになります。

ビジネス向けと言われる色は、グレー・ネイビー・濃紺・黒・ブラウン・ワインレッドやバーガンディ・薄い青・グリーン・ターコイズブルー・ダイヤ柄などです。

ビジネス不向きと言われる色は、赤・黄・ピンク・ビビットカラーと呼ばれるものなどです。

では、カーディガンやニットのベストはどう?

セーター同様にカーディガンもスーツとあまり相性がよくありません。

ビジネスマナー的にはスーツの中にカーディガンを着るのはやめておいた方が良いでしょう。

なぜなら、カーディガンも同じくカジュアルな服となります。

また、素材感が違いすぎるということもあります。

スーツに使われる生地は滑らかで薄手、光沢のある生地です。

このような生地のスーツの中にごわっとした服を入れてしまうと、野暮ったい印象になってしまいます。

また、カーディガンはお洒落なアイテムではありますが、かなり学生的な印象があります。

そんなイメージがあるので、カーディガンをスーツと組み合わせるとちょっとセンスが若々しすぎる印象があります。

同じくニットのベストですが、正式なスーツスタイルであれば、スリーピースを着るのがルールです。

しかし、今はスリーピースはごく少数派で、重厚感が出過ぎて、相手に威圧感を与えてしまう懸念があることなどから、あまり見かけることがありません。

しかし、寒さ対策として、スリーピースのベストに似たニットベストを着る人もいるでしょうが、ニットベストを着るということは再考した方がいいかもしれません。

いわゆる袖なしのセーターなので、ビジネスマナー的にもNGですし、かつて多くの人が着ていた「チョッキ」のイメージが濃く、古ぼけた印象を相手に与えてしまうんではないでしょうか?

まぁ、あくまでマナー的にはという話でここまで書いてきましたが、やっぱりとても寒くなるとセーターなどを着こみたくなりますよね。

フォーマルでは。。。ということで、それよりも体調管理を優先して必要ならセーターを着るというのは今の世の中、許されるようにも思います。

ちなみにぼくは若い頃は、カーディガンやベストをスーツの下に来ていましたが、やはり着ぶくれたゴワゴワ感がいやなので、40代以降は着なくなりました。

今は、コートを羽織るだけで、寒さに耐えています。(笑)

最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツとスポンサーリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク