夏らしい香りが欲しくて衝動買いしました。イッセイミヤケ「ロード イッセイ プールオム」

こんにちわ。

男性用香水をいろいろ試して使用していて、男性用香水はけっこう好きなんですが、残念ながら多くの製品は香りがキツくて、ぼくはよく頭が痛くなります。

特に鼻にツンとくるものは苦手です。

なので、自分にあうものをさがしていますが、なかなかこれといったのが見つかりません。(笑)

こうやって記事を書いていると、いかに自分が40代の頃に色々な男性用香水を試していたかがわかりますよね。

そして、また思い出したので記事にしておこうと思っています。

40代の初夏のころに、夏向けの香水が欲しくてイッセイミヤケかケンゾーで悩んだことがあります。

今回はその話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ケンゾー「ローパケンゾー プールオム」

結論から言いますと、ケンゾーではなく、イッセイミヤケを選びました。

まずは、ケンゾーの「ローパケンゾー プールオム」です。

非常に瑞々しい香りで爽やかな風といったイメージです。

夏にぴったりの香水です。

「ケンゾーの水」という名の通り、湧き出る泉のようにフレッシュで、澄みきった水の流れのようにナチュラルで優しい印象です。

トップ:ユズ、スウィートライム、グリーンペッパー

ミドル:ロータスリーフ、アクアティックアコード、フロスティッドミント

ラスト:シダーウッド、ホワイトムスク

ハスの葉やユズを基調に、隠し味のスパイスであるグリーンペッパーがほのかに香り立つ、フレッシュで透明感のある香りです。

きりっと爽やかな中に落ち着きがあり、澄んだ青空のもとで感じられる新鮮さを思わせるフレグランスです。

軽すぎて物足りない!という心配もない感じですが、ちょっとぼくには若々しすぎるイメージでした。

結構、イッセイミヤケとどっちにするのか悩んだのですが、自分の中ではイッセイミヤケの方がより年配向け?って感じがしましたので、こちらは購入しませんでした。

ですが、使いやすそうな香りですので、夏だけでなくどの季節でも使えるんじゃないでしょうか?

イッセイミヤケ「ロード イッセイ プールオム 」

そして、夏前に衝動買いしてしまったのが、イッセイミヤケの「ロード イッセイ プールオム 」です。

オゾン系と言われる香水の初期の傑作と言われています。

川、滝、海など、水を想わせるコンセプトの今迄に無かった様なオゾン系のジャンルで成功をおさめた初めての香りだそうです。

ですが、ぼくの印象としては柑橘系の香り?というかユズの香りとしか思えないんですけれどね。(笑)

トップ:ユズ、コリアンダー、マンダリン、サイプレス、セージ、バーベナ

ミドル:サフラン、青スイレン、ゼラニウム 、ナツメグ、シナモン

ラスト:ムスク、アンバー、タバコ、ビャクダン、ベチバー、シプリオル

清流のような爽やかさと、柚子の柔らかな甘さが特徴と言ったらいいのでしょうか?

女性からも幅広く支持されているそうです。

爽快で軽やかなんだけれども、大人の落ち着きや色気といったものを感じさせてくれるように思います。

夏向きの香りですが、もちろんそれ以外の季節でも使えますし、日常的に使えると思います。

どちらかと言うとぼくは夏のオフ限定で使っています。

結構、香りの持ちもいいように思います。

柑橘系の香りがする香水の中ではけっこう好きですね。

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする