子供の学校ではICT教育で毎日iPadを持って登校することになったので、家で新たに充電器を購入しましたよ。

こんにちわ。

うちのスマホですが、家族全員がAppleのiPhoneです。

なぜ、iPhoneかと言うと、設定が簡単、機種変更が簡単。。。

とにかく何事も簡単にするためにiPhoneにしています。

そんな中、こどものうち、中学生の2人は学校でICT教育を推進するってことで、1人は学校から支給、1人は個人負担でiPadが支給されました。

中学生にも関わらず、贅沢なことに子供2人はiPadを使っています。(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク




学校のICT教育でのiPadの運用

上の高校生はiPadも持っていませんし、学校でパソコンの教育はありますが、ICT教育だ!みたいなのはやっていないように思います。

数年前までは、そうでもなかったように思いますが、この1、2年で多くの学校(特に私立)では1人1台になってきたようですね。

大抵、スクールアプリが入れられていて、個人の学習の進捗状況や、活動の記録などをiPadをつかって管理しているようです。

でも、中学生って大変ですね。

それでなくても沢山の教科書などで重いカバンをもって毎日、通学しています。

そこに加えてiPadですから。

下の2人は学校は違いますがiPadの運用はほぼ同じ。

勉強に関係の無いことにiPadは使ってはいけなくて、学校ではほぼ、iPadを携帯することになっています。

そして、毎日持って帰って、家庭学習で使ったり、学校からの連絡事項を確認したり。。。

また、家でフル充電してくる。

そんな、運用です。

さすがに急速充電器を買いました

さて、そんなわけでいまちょっと困っているのはiPadの充電です。

これまでiPhoneの充電は、iPhone附属の充電器を2セットほど家に置いておけば、家族が順番に自分のiPhoneを充電して、ほぼフル充電できる状況でした。

ですが、ここにiPadが加わってちょっと困ったことに。

iPhoneの充電器でiPadの充電をすると、めちゃくちゃ時間がかかるんですよね。

もちろん、iPad純正の充電器を使えばいいのですが、うちではiPhone以外にPSVitaが2台、PS4のコントローラー1台、WiiUのコントローラ1台などなど、とにかくACアダプターだらけ。。。(笑)

この状況に更にiPadの充電器を追加してごちゃぐちゃするのはイヤなんですよね。(笑)

というわけで、iPhone以外のACアダプターを減らしつつ、iPadの急速充電ができるようにこういうものを買いました。

充電器のメーカー自身は、Ankerでもエレコムでも、AUKEYでもなんでもいいのですが、iPadの充電をする必要があるので、1ポートあたり2.4A供給できるものがいいですね。

加えて、過充電、過放電などに対する保護機能がついているものがいいですね。

ちなみにぼくが購入したものはUSBケーブルさえあれば、iPhoneやiPadだけでなく、大部分のスマホ、タブレット、モバイルバッテリー、PSVita, PS4 Controller, Bluetoothイヤホンなどなどを充電できるようです。

ただ、アマゾンの評価にもあるようにアタリ、ハズレがあるようですので注意が必要。

とりあえず、1ポートをiPadの充電に、もう1ポートをPSVitaやPS4 Controllerの充電に使う予定です。

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツとスポンサーリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク