自宅のパソコンのお引越。古いパソコンの行方は?(HDDをSSDに換装)

パソコン(IT)

こんにちわ。

 

うちは5人家族。

もちろん、よそのご家庭と同じく、5人全員がスマホを持っています。

そして、家では無線LANを構築しています。

そこには家族共用のノートPCやプレステ4、PS Vitaなんかもつながっています。

 

先日、とうとうそのパフォーマンスの遅さに我慢ができず、ノートPCを買い換えました。

 

7年前から使っている自宅のパソコンを買い換えました。今度もDELLのパソコンです。
こんにちわ。 ぼくは仕事柄、会社でパソコンを使うことが多いのですが、自宅にももちろん個人のパソコンがあります。 家族5人で共用していますので、けっこう管理は大変ですが。。。 家のパソコンは、インターネットを...

 

 

お引越しソフトをつかってアプリもデータも一気に移したのですが、いろいろと不具合が出てしまし、いくつか修復し、あと使い勝手の悪い部分の対応をして、やっと使えるようになってきました。

 

自宅のパソコンをお引越ししました。使い勝手をよくするための設定変更をしました。
こんにちわ。 うちは5人家族。 もちろん、ご多分にもれず、5人全員がスマホを持っています。 なので、家では無線LANを構築しています。 そして、そこには家族共用のノートPCやプレステ4、PS Vitaなんかも...

 

 

そんなわけで新しいパソコンを使い始めています。

 

で、古いパソコンは捨てたの?

 

いえいえ、もったいないので再生して使うことにしています。

 

 

スポンサーリンク

遅いパソコンを再生させる

 

前に以前のパソコンと新しいパソコンだと、CPUのパフォーマンスが10倍違う。。。という話をしました。

 

7年前から使っている自宅のパソコンを買い換えました。今度もDELLのパソコンです。
こんにちわ。 ぼくは仕事柄、会社でパソコンを使うことが多いのですが、自宅にももちろん個人のパソコンがあります。 家族5人で共用していますので、けっこう管理は大変ですが。。。 家のパソコンは、インターネットを...

 

 

CPUが10倍速くなったので、体感がその分速くなったかというと、そこまではありません。(笑)

 

もともと、CPUなんてこの十数年で既にものすごく速い処理速度になってしまっています。

なので、最近のCPUは人間にとっては必要以上に速い(?)代物じゃないかと思います。

 

確かにストレスなく作業ができるようになった。。。それは感じます。

 

しかしパソコンが「遅い」と感じる原因はCPUではないところにあるんですよ。

1つはメモリの速度。。。まぁ、これはあまり差を感じないかもしれません。

 

やっぱりCPUと同じで人間の五感では捉えられない速さですから。(笑)

 

そして、一番の原因じゃないか?と思うのがハードディスクとOSの仕組みじゃないかと思っています。

 

最近のOSはとっても馬鹿でかいソフトウェアになっています。

 

通常はパソコンの場合、アプリをHDDからメモリ上にロードして動かすのですが、最近のOSは複数のアプリを並行して動かすことができます。

アプリもそのサイズは大きくなっていますから、限りあるメモリ上にすべてのアプリを載せておくことはできません。

 

 

 

そんな時、OSはユーザーがその瞬間、使っていないアプリの一部、または全部をメモリにロードしているイメージのままHDDなどに退避するんですよね。

 

これは一般的に「スワップ領域」とか「仮想記憶領域」とか言われているんでしたっけ?(笑)

HDD上にそういった領域を設けて、裏でOSは一生懸命、メモリ領域のやりくりをしています。

 

これが。。。CPUの遅さもありますが、HDDに読んだり、書いたりしていると非常に遅くて。。。

 

そんなわけで、今回新しいパソコンは、CPUもそれなりに速いものにしましたが、ストレージデバイスもHDDではなく、SSDのものを選んだわけです。

 

そんなわけで、もしかしたら古いパソコンでも、HDDをSDDに入れ替えたら、かなりパフォーマンスがあがるんじゃないかと。。。そういう推測をしています。

 

そういったことから、古いパソコンは業者には引き取ってもらわず、HDDをSSDに入れ替えて、うまくいけば、子供の学習用に使おうかと。

 

 

 

古いパソコンにSSDを換装

 

ストレージデバイスを入れ替えることを「換装」と言います。

 

ちなみに以前、PS4にSSDを追加したこともあるので同じようにやればいいかなと思っています。

 

我が家にやってきたプレイステーション4に外付けSSDドライブを追加した話
こんにちわ。 うちの家ではこの1年いろいろと家のネットワーク環境をあれこれいじってきました。 おかげさまで子供のオンラインゲームの環境がよくなったので、WiiUを卒業して、PS4を購入することになりました。 ...

 

 

前のパソコンは依然、同じパフォーマンスを上げられないか?という理由でメモリを4Gから8GBに変更したことがありますので、ストレージデバイスも交換できそうなことは確認済みです。

 

古いパソコンのHDDは500GBあるんですが、ほとんどのデータを新しいパソコンに引越したので、残っているデータは100GBほど。

そんなに容量の大きいストレージはいらないので、こんなSSDデバイスを購入しました。

 

2.5インチの内臓型のSSDデバイスですが容量は240GB。

この数年で価格がすごく落ちていて、購入したもので3,000円ちょっとなんですよ。

 

細かい説明は、省きますが手順としては次のような感じです。

 

1.古いパソコンのイメージバックアップをとる。

2.内臓SSDを安いケース(USBで接続できるもの)に入れて、パソコンに接続する。

3.クローニングソフトで内臓のハードディスクのクローンを作成する。

4.内臓のハードディスクとクローンを作成したSSDを入れ替える。

 

で、今回使ったクローニングソフトは「EaseUS Todo Backup Free」というEaseUS Todo Backupという有料のソフトの無償版です。

このソフトですが、人気の高いソフトで、現在では利用ユーザー数は2,000万人にもなります。

システムバックアップ、ディスクバックアップ、ファイルバックアップ、クローンなど、無料版とは思えないほど機能が充実しています。

 

EaseUS®完璧な無料データバックアップソフト - EaseUS Todo Backup Free
【EaseUS(イーザス)公式サイト】EaseUS Todo Backup Freeは無料であなたのデータをコンピュータ、ハードドライブ、ネットワーク、CD / DVDなどの複数の場所までもバックアップできるソフトウェアです。

 

もともと、バックアップソフトを探していて見つけました。

 

このソフトをダウンロードして解凍して実行します。

使い方は簡単です。

 

解凍してセットアップが済むとデスクトップにアイコンがでてきます。

 

 

 

このアイコンをクリックします。

起動時の画面はこんな画面です。

 

 

 

初期画面はこんな感じですので、左側のアイコンから「cron」を選択します。

 

 

 

するとクローン元のディスクを選択する画面が出てきますので、クローン元のディスクドライブ(今回は内臓HDD)にチェックを入れて、「次へ」を選択します。

 

 

 

で、クローン先のディスクドライブ(今回は外付けSSD)を選択して、クローン作成を開始します。

あとは、ひたすら待つだけです。

 

クローン作成が終了したら、

 

1.パソコンをシャットダウンする。

2.パソコンの裏フタを開けて、慎重にハードディスクを取り出す。(もちろん、自己責任です。)

3.クローン作成したSSDを元のハードディスクと同じように換装する。

4.パソコンの裏フタを閉めて完了。

 

さて、どれぐらい早くなったかですが。。。

 

パソコンの起動やアプリ、ブラウザの動きは数倍から十数倍速くなりました。

さすがにCPUが遅いので、最近のパソコンと同じというわけにはいきません。

 

逆にネット経由でデータを取得するようなケースでは、ほんのちょっと早くなっただけですね。

やっぱり、うちの家のボトルネックはネットワークだな。(笑)

 

7年ほどお世話になったパソコン。

これからは子供たちのパソコン学習やプログラミングの練習用として余生を送ることになりそうです。(笑)

 

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

 

 

 

コメント

  1. EaseUS より:

    ピ輔様

    お世話になっております。EaseUS Softwareでございます。
    突然のコメント失礼しました。

    弊社の製品をご利用いただき、誠にありがとうございます。
    勝手を申しますが、記事内に公式ページをリンクを入れていただけませんか。

    ページ先:https://jp.easeus.com/backup-software/free.html

    ご多忙のところ、恐縮ではございますが、
    ご検討のほどよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました