ビジネスマンの身だしなみ。メガネに関するマナー(フレームやレンズの色?)

こんにちわ。

どちらかと言うとダメな社会人に近い、ぼくが言っても説得力がないのですが、ビジネスマンにとって身だしなみは、やっぱり大切です。

最近の若いビジネスマンは、オシャレな人が多いです。

でも、オシャレとビジネスマナーは両立しないこともしばしばですよね。

前回は、冬仕様ということでマフラーの話をしました。

ビジネスマンの身だしなみ。マフラーの選び方や巻き方にも気を使いましょう。
こんにちわ。 どちらかと言うとダメな社会人に近い、ぼくが言っても説得力がないのですが、ビジネスマンにとって身だしなみは、やっぱ...

今回は、メガネの話です。

メガネは目が悪い人の実用的な道具であると同時に、顔の印象を変えることができる一つのアイテムともいえます。

最近はコンタクトレンズが人気で、眼鏡をかけている人は少なくなってきているようですが、それでも今でも多くの方が使用しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ビジネスシーンでのメガネのフレーム

ビジネスや仕事では規律だったりまた社会的なことからあまり目立つメガネをかけにくいですゆよね。

特に昔はメガネは黒しかダメといったような厳しい時代もありましたが、今はよほどビジネスの場にはそぐわないといったメガネでなければ大丈夫な場合も多くなりました。

まずはどのようなメガネを選んだら良いのかという基準ですが、眼鏡のレンズの縦幅が顔の眉毛から顎までの長さの3分の1以下とするとバランスよく見えるそうです。

なので、その大きさに収まるものを選びましょう。

次に、自分がどのような印象を相手に与えたいかで、フレームの形を変えるといいようです。

しっかりとした印象を与えたい場合は四角いフレームのスクウェアフレームを選ぶと信頼感を印象付けられます。

逆に仕事でフットワークが軽そうな印象を与えるには、レンズとフレームが立体構造になっているフローティングという種類のものにすると作業が速そうなイメージを与えられます。

個性的で知的に見られたいという方の場合は、フレームの色がツートンカラーであったり、少し特殊なラウンドといった形の眼鏡にすると個性が目立ち、知性的に見えると思いますよ。

また、顔の色とフレーム色を同系色にすると落ち着きがあると思います。

またプラスチックフレーム、セルフレームはビジネス用ではNGと考える人もいるようですが、そのようなことはありませんので、まず気にしなくても良いと思います。

では、フレームの色は何色がいいでしょう?

ほとんどの人は、紺・黒・グレーといったスーツなどと同系色のメガネにして、形も無難なものにするんじゃないでしょうか?

ですが、無難なメガネを選ぶのではなく、自分に似合うメガネフレームにするということもある意味重要です。

なので、仕事やビジネスでNGとなることがある色を避けて自分に似合うフレームを探すといいでしょう。

仕事でNGとされやすい色は、紫・緑・黄色ですよ。

また、目立つと良くない色としては青・赤・白あたりです。

同じ青でもそこまで目立たないものと目立つ色とで分かれますので、その辺は判断が必要ですが、フレーム色は顔色との関係性で似合うかどうかを判断するといいと思います。

伊達メガネやカラーレンズは?

では、伊達メガネはどうでしょうか?

もちろんダメな業界、業種があると思いますが業界、業種によってはNGにならないところも多くなったように思います。

カラーレンズも多くの場合はNGですね。

実際のところ、濃度10%程度のカラーレンズなら、ほぼ通常のメガネとレンズの色は変わらないので職場でも活用することができそうです。

その一方で、外回りが多く日光を遮りたい、運転することが多いので遮光性の高いカラーレンズが欲しいといったことであれば、15%以上の濃度のカラーレンズにしたいところです。

ただ、取引先やお客さんと接する機会が多い仕事であれば、あまりカラーレンズと分かるようなメガネを着用するのは控えた方が良いでしょうね。

余談ですが、カラーレンズのメガネにするとそのレンズの色によっては二日酔いや残業などの疲れが顔に残っていても、メガネを装着することで元気な目元に見せることができます。

さすがにビジネスシーンで使うというのは難しいですが性別や年齢を問わず楽しめますし、日本人の肌の色とも馴染みやすいので、カラーレンズのメガネを1つは持っておくというのもアリかもしれませんね。

最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする