インターネット通信の裏方、「イーサネットケーブル」の長さや種類の話

こんにちわ。

家庭用のインターネットは今はWi-Fiによる無線接続が一般的になりました。

なので、有線での接続は無線ルーターまで。

ですが、うちの場合はゲーム機でオンラインゲームをするときなどは相変わらず、LANケーブルを引っ張りまわしています。

そんな、LANケーブルの話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




イーサネットとは

イーサネットという言葉はご存じでしょうか?

イーサネット(Ethernet) はコンピューターのネットワークの規格の1つで、世の中の企業や家庭で一般的に使用されている有線のLAN (ローカルエリアネットワーク) で最も使用されている技術規格のことです。

OSI参照モデルで言うと下位2つの層である物理層とデータリンク層に関して規定しているものですね。

LANケーブルの話

LANケーブルと、イーサネットケーブルは、使用するうえではほぼ同じものと思っていいと思います。

まだ、家庭にLANが普及する以前は、LANケーブルは同軸ケーブルが使われていました。

一般的にLANが普及したころの通信速度は10Mbpsでしたので、10BASE2や10BASE5という規格でいずれも50Ωの同軸ケーブルが使用されていました。

10が10Mbpsの10です。

10BASE5は直径12mmの通称Thickケーブル(または黄色いケーブルだったので、イエローケーブル)が使用され、10BASE2では直径5mmの、通称Thinケーブルが使用されていました。

10BASE5は、耐久性が高いことから基幹線に使われていましたが、最大長は500mと規定されていました。

それに対して、10BASE2は細くて取り回しは多少容易でしたが、最大セグメント長は200mに規定されていました。

いずれも一般の家庭では見ることはありませんが、同軸ケーブルというのはテレビのアンテナケーブルで使われています。

いずれにしても、太いケーブルですので家庭で引っ張りまわすということは邪魔でできないシロモノでした。

また、あまり見かけませんがLANにおいては光ファイバーケーブルが使われることもあります。

10BASE-F・100BASE-FX・1000BASE-SX/LX等で使用されますが、以前は企業向けの通信機器で見かけたことはありますが、最近は見ることもなくなりました。

回線業者さんぐらいしか見ない代物でしょうね。

ツイステッド・ペア・ケーブル

我々が普段よく目にするLANケーブルはツイステッド・ペア・ケーブルになります。

このツイステッド・ペア・ケーブルは大別すると2種類あり、UTPはアンシールデット・ツイステッド・ペア・ケーブルの略であり、シールドがない、より対線のケーブルのことを言います。

カテゴリー6以下のケーブルはこのUTPです。

反対に、シールドの施されたものはSTPでシールデット・ツイステッド・ペア・ケーブル の略です。

以下、UTPケーブルの話になります。

ストレートケーブルとクロスケーブル

シリアル通信の時にも出てきましたが、LANケーブルにも、クロスケーブルとストレートケーブルの2種類があります。

パソコン同士でRS-232Cのシリアル通信をどうやるかをすごく簡単に説明してみます。
こんにちわ。 パソコンをつかった通信の基本中の基本(だと思います。。。)のRS-232Cによるシリアル通信ってどうやってやるか...

ストレートケーブルはコンピュータとルーターやハブなどの通信機器とつなぐときに使い、クロスケーブルは、主に2台のコンピュータをケーブルだけで直結する際に利用します。

一般的に、コンピュータ同士を直結することはあまりありませんので、一般の人がクロスケーブルを必要とすることはほとんどありません。

カテゴリって?

LANケーブルは、「カテゴリ」という規格が分かれています。お手持ちの機器に合わせて選ぶ必要があります。

もとはカテゴリーとは、ツイストペアケーブルの規格のことで、主な利用目的は以下のとおりです。

カテゴリー1

4芯2対で電話線等

カテゴリー2

8芯4対でISDN

カテゴリー3

10BASE-T等で、16MHzまで対応。

カテゴリー4

トークンリング、ATM等

カテゴリー5

100BASE-TX等で100MHzまで対応。

エンハンスドカテゴリー5

100BASE-TX、1000BASE-T等

カテゴリー6

1000BASE-TX、1GBASE-T等

カテゴリー6A

カテゴリ6をさらに改良し、1GBASE-T等に対応したもの。

伝送周波数帯域幅は500MHz。

カテゴリー7、カテゴリー7A

10GBASE-T等

現在規格策定中

LANケーブルで使われるのは、カテゴリー3、5、エンハンスド5、6あたりになりますが、基本的にはカテゴリがエンハンスドカテゴリ5e以上のストレートケーブルがあれば、ほぼ問題ありません。

ちなみにカテゴリが分からない場合は、LANケーブルに印字されているはずなので確認してみましょう。

ケーブルの長さや、種類

ケーブル長は、最高100mまでとなっていますが、あまり長い場合は途中でロスしますので、途中にハブなどの通信機器を経由させた方が信頼性が上がります。

一般的には長くても40~50mぐらいまでにしておくのがいいと思います。

また、ケーブルの形状もいろいろなものが出ています。

ノートパソコンでも引き回しのしやすい細いケーブルや柔らかいケーブル、部屋の間を配線したりするときに便利なフラットなケーブルなどがあります。

うちのあるケーブル

これまで、購入したパソコンやルータ類、プロバイダー契約した時の機器などにもケーブルも付属していたりしますので、知らないうちに我が家にはLANケーブルがあふれてしまいました。

小さめの段ボール箱いっぱい分ぐらいはありますよ。

短いものですと20cm程度のものもありますし、長いものですと20mぐらいのフラットケーブルがあります。

でも、ほとんどが1m~5mぐらいものものですね。

ぼくはその中から、カテゴリーの高いもので使いやすいケーブルを何本か選んで使っています。

Wi-Fiがうちでも主流になっていますが、ネットワーク機器の配置換えやオンラインゲームをやるときなどは、今でも箱から引っ張り出してあーでもない、こーでもないとやっています。

繋ぎ替えをやっていると結構、RJ-45コネクタのツメが折れてしまうので予備のケーブルがたくさんあってもいいかな?って思って、使わなくても捨てずにおいています。

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする