社会人30代、40代になぜかマンガにはまってしまいました。「Dr.コトー診療所」

こんにちわ。

ぼく自身、大人になってもマンガを読むってちょっと幼稚かなって以前は思っていました。。。

ですが、自分もそうですが今のビジネスマンは結構、マンガを読んでいる人多いですよね。

ぼくはコンピュータエンジニアの頃は、そうでもなかったのですが異動になって営業になってからは、結構マンガを読むようになりました。

マンガは気分転換になりましたので。

特に30代、40代の頃は出張も多く、遠距離の出張の時は新幹線や飛行機の中、宿泊先のビジネスホテルなどでマンガを買っては読みましたね。

そんな、30代40代の頃に読んだマンガの話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「ドクターコトー診療所」

30代、40代の頃に読んだマンガのジャンルは、10代の頃とは違い、どちらかと言うと大人向けのマンガを読むことが多かったですね。

大人になって読むようになったマンガに、医療マンガがあります。

ぼくは医療マンガや医療ドラマが結構、好きです。

そんな中に「ドクターコトー診療所」というマンガがありました。

医療マンガは結構、テレビドラマにもなっています。

「Dr.コトー診療所」は、山田貴敏による漫画です。

もちろん、テレビドラマにもなりました。

テレビドラマでは、主人公の五島健助が吉岡秀隆というのは良いのですが、看護師の星野彩佳が柴咲コウというのがどうもぼくのイメージではしっくりきませんでした。(笑)

主人公には実際のモデルがいて、鹿児島県の下甑島の診療所にて30年間、離島医療に携わってきた瀬戸上健二郎医師らしいです。

2000年から「週刊ヤングサンデー』(小学館)、「ビッグコミックオリジナル(同)などで連載されていましたが、現在は長期休載中のようです。

単行本の既刊は25巻ですが、ぼくが読んだのは15巻ぐらいまでだったように記憶しています。

ストーリーも絵も優しくて好きでした

医療マンガというと神業のような手術をするようなストーリーが多いのですが、こちらは離島医療がストーリーの中心ですね。

絵もストーリーも優しくて好きでした。

主人公の五島健助は優秀な医師で東京の大学附属病院に勤めていたが、とある理由から離島の古志木島の診療所に赴任することになります。

島は無医村状態で過去に良い医師が来たことがなかったからか、あまり歓迎されませんでした。

そんな中、4ヶ月前から来ていた看護師の星野彩佳から、診療所に来る患者は少なく、来ても応急処置だけを受けた後、船で6時間かけて本土の病院へ行くことを聞かされます。

実際になかなか患者が来ない中、島に来るときに運んでもらった漁師・原剛利の息子が最初の患者となり、これを見事な手術で助けたことをきっかけに、それ以後、多くの患者の治療をし、またその人柄により、島民の信頼を得ていくというストーリーです。

なお、タイトルはこの時、漁師の原が、お礼として診療所に看板を贈るんですが、その看板の名前が間違っていて、「Dr.コトー診療所」となっているからですね。(笑)

気になるキャラはやっぱり、星野彩佳ですね。

五島のことが好きだけれど、いずれ本土に帰ってしまうだろうと考えており、恋愛対象としては意識すまいと決め込んでいたりします。

島民からは五島に島で医師を続けてもらうため2人の結婚を望んでいるのですが、将来は看護以上の仕事をしたいため、医師免許をとろうします。

しかし、のちに乳癌が発覚しますが、手術は成功。

五島からこの時、婚約指輪を受け取るも返上し、医師になるために島を出て行きます。

しかし、学業が思うように伸びず、また病後の後遺症などによって医大進学を断念して島に戻ります。

結局、診療所復帰後は、結婚を期待される当初の関係に戻ってしまいます。。。

というわけで、二人の関係をマンガで読んでいてよく島民同様にイライラしました。(笑)

<スポンサーリンク>

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツとスポンサーリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク