PS4のネット接続。「PPPoE」接続でも状況はまぁまぁだったんだけど、試しに「DMZ」の設定も試してみた。

こんにちわ。

うちの子供は、ゲームが好きで最近はPS4のモンスターハンター:ワールドにはまっています。

アクション系のオンラインゲームです。

ですが、オンラインゲームをやっていると、うちのネットワーク環境ではネットワークエラーがけっこう出るので、これまで色々と対策を打ってきました。

そして、最終的にはPS4をプロバイダーと「PPPoE」接続でつなぐことにしました。

うちのPS4のオンラインゲーム環境。エラー発生を改善するために検討していること③(PPPoE接続)
こんにちわ。 うちの子供は、ゲームが好きで最近はPS4のゲームにはまっています。 特にモンスターハンター:ワールド。 ...

この接続にしてからは、発生するエラーはうちの環境では激減しました。

一応、子供がゲームをする上では支障はないレベルです。

ただ、たまーにエラーが出ます。

特に休前日は、回線やプロバイダーが混むようでエラーが出やすいんですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




DMZを試してみる

接続品質は別として、「PPPoE」接続にしたことで、今は下り20~40Mbps、上り10Mbps程度の速度です。

回線やプロバイダーの混み具合によっては、この値が更に低下する感じです。

「PPPoE」接続のしてからも、PLCアダプターの位置を変えてみたり、MTUの値を変えてみたりなどなどいろいろ試していますが速度の改善は見られませんでした。

なので、試しに「DMZ」の設定をやってみることにしました。

うちのPS4のオンラインゲーム環境。エラー発生を改善するために検討していること②(DMZ)
こんにちわ。 うちの子供は、ゲームが好きで最近はPS4のゲームをよくやっています。 ですが、オンラインゲームをやっている...

PPPoE接続に比べると、ルータの設定をしないといけないのでそれが面倒ですが、ポート開放よりは簡単です。

インターネット~VDSL装置~ホームゲートウェイ~光BBユニット~PLCアダプタ~PS4

プロバイダー:ヤフーBB

ちなみに、うちのネットワークは上記のとおりですので、光BBユニットの設定をいじることになります。

ついでに、PPPoEでIPv4接続になったのですが、DMZの場合は IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4が有効になるのかも確認することにしました。

さて、設定の方ですがPS4のIPアドレスやネットマスクなどなどを固定します。

通常はルータ経由の自動設定の値をメモっておいて、設定するんですが今回、PPPoE接続状態からDMZの設定に書き換えようとしたので、ネットマスク等々の設定値を何回も間違えてなかなかつながりませんでした。(笑)

ルータ側の設定は、DMZを有効にして固定IPを設定するだけ。。。UPnPは有効のままにしておきました。

PPPoE接続とあまり変わらない。。。

ということで、やっと設定の変更ができたので速度を確認してみました。

なお、NATは1が2に変わりました。

速度の方はPPPoEの時で平均して、上り20~30bps、下り10Mbps前後でした。

DMZの設定にしても上り20~30bps、下り10Mbps前後というのは変わりませんでした。

ほんの少しだけ、早いかもしれない?程度の間隔です。

その後、実際にこの設定のままで子供にMHWをしばらくやらせましたが、エラーが出る頻度もPPPoE接続の時とあまりかわりませんでしたね。

まぁ、こんなもんかもしれません。

実際にPS4のブラウザーで確認してみるとIPv4でつながっているようです。

DMZもポート固定しますので、ポート固定するとNGなIPv6(のハイブリッド接続)にはならないようです。

PLCアダプターをはずしてルーターに直結すると、こちらも一気に速度が上がりますのでPPPoEとの差はないように思います。

ここまでくるとやっぱりPLCアダプターが今のボトルネックなのかもしれません。

まぁ、色々試してみようと思います。

PS4のネット接続「PPPoE」。PLCアダプターを外して、直結するとPPPoE接続が爆速だった話。
こんにちわ。 うちの子供は、ゲームが好きで最近はPS4のモンスターハンター:ワールドにはまっています。 ですが、オンライ...

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする