うちの電波時計は、時刻がずれています。なんとか正確な時間を刻めないのかな?

こんにちわ。

先日、うちの壁掛け時計の1つが壊れました。

子供部屋のものなので、生活への影響は少ないのですが、子供がそれで時間を見てゲームをやっていたので、最近はゲームの時間が延長しがち。。。なんとかしないといけない感じです。(笑)

ですが、なかなか新しいものを買おうにも決断できません。

というのも店舗に見に行ったんですが、多くの商品は今や電波時計。

しかし、うちにある2つの電波時計は時間が狂ったままです。

そして、正確な時間はテレビかスマホで確認する日常です。

なんども設定したのですが、少しづつくるってくるので今は放置状態、少し時間が狂ったままになっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




電波時計の時間の合わせ方と弱点

電波時計とは「標準電波」を受信し、自動的に時刻およびカレンダー修正を行う機能を持つ時計のことをいいます。

そして、「標準電波」は情報通信研究機構 (独立行政法人) が管理する日本の標準時の電波のことだそうです。

福島局 (周波数 40 kHz) と九州局 (周波数 60 kHz) の送信所から発信されていて、送信所からの受信範囲の目安は、おおむね 1,000kmなんです。

一応、日本全土をカバーしているようですが、東日本地域は 福島局、西日本地区は九州局の電波が受信しやすいと想定されています。

ということは。。。関西圏は一番、送信所から遠い場所なんですよね。

電波が弱くて届いていないのかな。。。

この電波時計、どこのメーカーのものも大抵は1日1回、おおよそ夜中に電波を受信して時刻合わせをしてくれる。。。はずです。

なので、通常は次の手順で時刻合わせができます。

  1. 時計に電池を入れる
  2. 針が回って12:00ジャストを指す
  3. そこから電波を数分かけて受信して、現在の時刻にセットされる。

ですが、受信した電波で時刻合わせをしていることから、電波が悪いところでは正確に受信できないことも多いようです。

たとえば、

  • テレビ、パソコン、冷蔵庫、エアコン、空気清浄器、FAX等の家電製品やOA機器の近く
  • ビルの中、ビルの谷間、鉄筋・鉄骨の建物の中や地下など
  • 高圧電線、テレビ塔、電車の架線の近くなど
  • 工事現場、空港の近くや交通量の多いところ等、電波障害の起きるところ
  • その他電波ノイズを発生させるものの近く
  • スチール机等の金属製の家具の上や近く
  • 同じ家の中でも1Fと2Fで電波状況が違うことがあります
  • 天候の悪い時

など。

マンションなどは「ビルの中、ビルの谷間、鉄筋・鉄骨の建物の中や地下など」に該当しますし、家電製品やOA機器の近くなど悪条件が重なっていますよね。

なんとか時刻合わせできないか?

というわけで、関西は電波が届く端っこに位置し、我が家はマンション。

かなりの悪条件。

電波で時計を合わせられないケースは結構あるようで、そんなときは、普通に手動で時刻合わせをして、普通のクォーツ時計として使うしかない訳です。

うちはそれに近い状態です。

ちなみに強制的に電波で時刻合わせをするモードもあるのですが、それじゃ、普通にクォーツ時計として使うのと同じですので、電波時計のメリットを享受できているとは言えません。(笑)

ですが。。。「電波時計」って言われるとどうしても電波を使って合わせたくなるものです。

そんな時に使えそうなアプリを見つけました。

それがこれ「JJYシミュレーター」というアプリです。

これはiOS用ですが、アンドロイド用やWindows用もあるようです。

なんとかマンションでも電波を部屋の中まで届かせることができないかなってネットで色々と調べていたときに見つけたアプリです。

どうやって使うかというと、イヤホンを繋いで最大音量で「標準電波」に相当する音を出してやればいいらしい。

ただ、これも1日中、アプリで音を出しておくわけにはいかないので、強制的に時刻あわせをするので、電波時計のメリットを享受できるわけではありませんが、電波の強弱を気して窓際に行ったり、ベランダに出たりせずに時刻合わせをすることができそうなところがちょっといいかな。

こんど、リビングの時計をこれで時刻あわせてやってみようかなとも考えています。

もしも試してみたら、またブログに感想を書きたいと思ってます。

今回も最後まおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする