男性用香水 「クリード」について

こんにちわ。

ぼくはいつも、男性用香水を探しています。

自分の好みにあった、でも、鼻にツンと来ないものを探し続けています。

なかなか見つからないんですけれどね。(笑)

ぼくは香水について大して深い知識のありませんが、男性用香水を色々試していますので、自分の感想を中心に男性用香水を紹介します。

今回は、男性用香水の中でも高級品「Creed」の話をします。

「Creed」ですが、「クリード」と読みます。

(出典:Creedのホームページから引用)

クリードは1760年、イギリスのロンドンで生まれました。

その高い品質と技術による製品はたちまち英国王室に認められ、ビクトリア女王から王室御用達ブランドになったそうです。

その後ナポレオン3世をはじめ、ウジェニー皇后、オーストリア=ハンガリー帝国エリザベート皇后、スペインのクリスティーナ女王など、各国の王室に認められるようになったそうです。

1854年に拠点をパリに移転したあとも、徹底した原料へのこだわりやハンドメイドによる製造方法など、創設者の意思を引き継いだ傑作を創り続けています。

創業から250年以上を経た現在も、世界各国の皇族や著名人達を魅了し続けているそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




クリードの男性用香水

クリードの代表的な男性用香水をご紹介します。

ご紹介する香水はすべて、オードパルファムですね。

アバントゥス

クリードでも一番、有名なメンズフレグランスになります。

偉大なる戦いを前に、つかの間の休息に浸る屈強な騎士は時空の間に悠然と広がる「今」に浸りながら、未来を確信するといったものがイメージされています。

香りとしてはシプレ フルーティ、フレッシュかつ深みのある香りです。

トップノートはブラックカラント・ベルガモット・アップル・パイナップル、ミドルノートはジャスミン・パチョリ・バーチ・ジュニパーベリー、ベースノートはムスク・オークモス・アンバーグリス・バニラの香りに包まれます。

レディースによくあるフルーティシプレをベースに、オークモスを強めに主張させ、スパイシーやウッディなどメンズらしい力強さを加えています。

似たようなメンズフレグランスがなく、個性的な香りで大人の男性向けといった感じです。

フルーティの甘さと、シプレの切れと、ムスク、ウッディのバランスが秀逸で、決してきつ過ぎない香りは、ビジネスシーンにも使用できると思います。

季節的には真夏はきついですので、それ以外の季節で、昼間、夜問わず使うことができると思います。

ぼくはこれ、たまに使います。

ボトルで買うとかなり高い買い物になりますので、必要な時に小分けのものを購入しています。

シルバーマウンテンウォーター

こちらも、クリードを代表する香りのひとつですね。

1995年にオリビエ クリードによって創られた香りです。

太陽の光を浴びたフランスの山々をイメージしたフレッシュなフレグランスで、女性にも人気がある香り。

アルプスの銀嶺。その美しく壮大なゲレンデでスキーを楽しんだオリヴィエ・クリードは、山の雲と雪と水に魅せられてこの作品を作ったらしいです。

シルバーマウンテン、銀嶺。。。ハードロックバンド、レインボーの名曲をぼくはどうしてもイメージしてしまいますけれど。。。

香りはフゼア(シトラス マリン)です。

トップのベルガモット、マンダリン、プチグレンから、ミドルのグリーンティー、カシスの芽へ続き、ラストのサンダルウッド、ムスクへと導きます。

高級感がありながらも、オンオフ、四季を問わずにつけられる汎用性の高いフレグランスだと思います。

ぼくは小分けしたものを購入して、夏場に何度か使っていましたが、自分にとってはちょっと香りが強めですので、最近は使っていません。

グリーンアイリッシュツィード

こちらは、1985年にオリビエ クリードによって創られた香り。

フローラル、グリーン、ウッディをブレンドしたアコードが魅力的なフレグランスです。

香りはオリエンタル(グリーン ウッディ)。

トップのレモン、バーベナ、ミントから、ミドルのバイオレットリーフへ続き、ラストのサンダルウッド、アイリス、アンバーグリスへと導きます。

グリーンアイリッシュというだけにトップは爽やかでスポーティな感じですが、ラストはサンダルウッドをベースにした深みのある香りへと変わるので、時間帯で気分を変えたい時にお勧めです。

爽やかな感じなので、どちらかというと春、夏向きかと思いますが、ビジネスシーンでも使えると思います。

ぼくは小分けしたものを購入して、春先になんどか使ったことがあります。

サンタル

こちらは2005年にオリビエ クリードによって創られた香り。

暖かみと深みのある香りをベースに、シナモンやコリアンダー、ジンジャーなどのスパイスを加えた、ユニセックスで楽しめる都会的なフレグランスです。

香りはオリエンタル(オリエンタル スパイシー)ですので、そういった香りが好きな方は一度、嗅いでみるといいでしょう。

ですが、トップは甘さもあるフルーティーな香りです。

甘さはすぐに消えて行き、サンダルウッドの神秘的で崇高な香りと、スパイシーで男性的な香りがしてきます。

精神を安定させる作用があるような、ちょっと精油っぽい感じを受けますので、オフ向けかなと思います。

ぼくはお店でかがせてもらったことがありますが、個人的にはちょっと香りが強くて使ったことはありません。

ロイヤルウォーター

1997年に創られた香りです。

ベルガモットやレモンなどの柑橘系のフレッシュなトップノートと、ラストのムスク、アンバーグリスのセクシーな香りが融合したフレグランスです。

香りはフゼア

爽やかなんですけど、クリードらしく重厚な香りです。

トップは柑橘系が香りミドルからラストまではアンバーグリス・ムスク等が混ぜあって魅力的な香りになります。

たぶん、好みは分かれると思いますがぼくは使っていません。

ベチバー

ベチバーです。

日の当たる牧草の匂いだと思っています。

色々なブランドでベチバーは出ていますが、クリードのベチバーは「オリジナル ベチバー」という割にはベチバーの香りは控えめな印象があります。

トップのベルガモット、マンダリン、ベチバーリーフから、ミドルのホワイトペッパー、コリアンダーへ続き、ラストのサンダルウッド、ベチバー、アンバーグリス、ムスクへと導きます。

とっても爽やかな香りに仕上がっていて、バスクリンぽい感じもしますが、もっと上品で奥深い香りです。

草原の風を感じるというか、自転車に乗って出かけたくなるような気分の香りです。

土くささはまったくありません。

オンオフ、四季を問わず、つけることができると思います。

ぼくは、気分で時々つけますので頻度は少ないですが定期的に小分けのものをネットで買います。

クリードの中では、一番好きなので、ボトルを購入するか悩んだこともあります。

ヴァージンアイランドウォーター

男性向け?なのかなと思うような、夏向きのフレグランスです。

先に言ってくと、ぼくは小分けのものを一度購入してアトマイザーに入れて、ワンプッシュしただけで、お蔵入りにしました。

ココナッツの香りは、香水としてつけたいと思うものではありませんでした。(笑)

トップのココナッツ、ベルガモット、ライム、マンダリンから、ミドルのハイビスカス、イランイラン、ジャスミンへと続き、ラストのムスク、トロピカルウッドが薫ります。

くどくないココナッツの香りと、爽やかなシトラスの香りがバランス良いのですが、ココナッツの香りは、女性的というか、子供っぽい感じで、ぼくはちょっと遠慮したい感じです。

ですので、女性がつけていても全然違和感のない香りだと思います。

その他にも「ミレジムアンぺリアル」や「エロルファ」、「ヒマラヤ」などがよく売られているようですが、ぼく自身は嗅いだことも使ったこともありませんので、ご紹介は省略します。

「エロルファ」は一度試してみたい。。。感じです。

Creedは高すぎるので普段使いには無理

ぼくが嗅いだり、使ったりしたことのあるクリードの男性用香水をご紹介しました。

ぼくはもともと、強い香りや特定の香りで頭痛がしてしまうタチです。

そんなぼくが比較的よく使っていたのは「ベチバー」です。

その次は「アバンティス」で、次が「シルバーマウンテンウォーター」ですね。

ベチバーについては、ボトルを購入することも考えたのですが、とにかくクリードは高価です。

ネット購入ならまだしも、クリードの香水を百貨店で購入すると50ml~100mlでおよそ3万~4万もします。

ですので、ぼくの場合はネットでミニボトルを探して購入したり、小分けのネット販売やオークションを利用したりします。

この香りひとつで生涯、変えないよ~ってなれば別ですが。(笑)

最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする