ビジネスマンの身だしなみ。クールビズで夏のワイシャツは半袖?それとも長袖?

こんにちわ。

どちらかと言うとダメな社会人だったぼくが言っても説得力がないのですが、ビジネスマンにとって身だしなみは、やっぱり大切です。

最近の若いビジネスマンは、オシャレです。

でも、オシャレとビジネスマナーはちょっと別物ですので、時々気になることもありますよね。

前回は、ビジネスマンのリュックサックについて書いてみました。

ビジネスマンの身だしなみ。ビジネスシーンにリュックサックは大丈夫なの?
こんにちわ。 どちらかと言うとダメな社会人だったぼくが言っても説得力がないのですが、ビジネスマンにとって身だしなみは、やっぱり...

先日、うちの会社もクールビズが終わり、ネクタイを締めないといけなくなりました。

肩が凝ります。(笑)

で、ちょっと季節外れなんですが、半袖ワイシャツと長袖ワイシャツの話です。

6月に入ると大手企業を中心に、「クールビズ」を実施している企業が多いですよね。

でも、見ていると半袖ワイシャツにノーネクタイという装いも結構いらっしゃいます。

ぼくは、半袖のワイシャツは一枚も持っていません。

特に理由はありませんが、1つあるとすれば、真夏も着ないまでも上着は絶対持ち歩いています。

急に上着を着る必要があったときに、半袖だと見栄えも上着が肌に触れる感触もイヤだからです。

ネットでは、営業職で「トップセールスになりたい」のであれば「半袖シャツはやめた方がいい」というコラムもあったりするそうです。

さて、半袖のワイシャツってマナー的にどうなんでしょうね?

スポンサーリンク
スポンサーリンク




クールビスとワイシャツの袖の長さ

そもそも、クールビズとは、地球温暖化等の環境保護を目的に、環境省が中心に執行した制度のことです。

夏に28℃以上の室温に対応できる軽装への呼びかけがはじまり、「ノーネクタイ・ノージャケット」のキャンペーンがきっかけでした。

さて、クールビズですが、最低限のマナーは守りたいところです。

今回、ワイシャツについてみていますが、ワイシャツについてはこんなところでしょうか?

  • シャツのインナーはVネック
  • ワイシャツは半袖ではなく、長袖を選ぶ
  • 第一ボタンを開けて首回りを爽やかする

クールビズと言っても企業によってその決め事は様々ですが、クールビスではワイシャツの第一ボタンを開けるのが一般的です。

そのため、肌着については襟元から見えないような深めのVネックを選ぶ方がいいでしょう。

また、ワイシャツの肌着透けが気になる場合は、肌色の肌着がおすすめです。

クールビズにおいてはワイシャツは長袖を選びましょう。

クールビズとはいえ、フォーマルな場ではジャケットを羽織るほうがいいです。

半袖でジャケットを羽織ると、ジャケットのダメージにもなり、袖元の印象も美しくありません。

加えて、半袖のワイシャツは日本特有のものですので、基本的にビジネスシーンではNGということは知っておいた方がいいでしょうね。

そして、第一ボタンを開けて首回りを爽やかに見せましょう。

クールビズでは、基本的にワイシャツの一番上のボタンは開けても構いません。

ただし、仕事でお客様へ訪問する際の服装は「相手のことを気遣った服装」が第一ですので、臨機応変に相手を気遣った服装ができると、相手方からの好印象につながります。

クールビズのワイシャツ選び

クールビズのワイシャツは、通気性や吸水性・速乾性に優れている素材のものを選ぶといいですよね。

まあ、冷感素材のものもいいです。

そもそもワイシャツはネクタイ着用を前提に作られているため、ネクタイを締めないと襟が寝てしまいだらしない印象になることが多いです。

そのため、クールビズでは通常のワイシャツを使い回すのではなく「クールビズ」用のシャツを選ぶようにしましょう。

クールビズ用のシャツは、ボタンダウンや、スナップダウンのものがいいでしょうね。

ボタンダウンは、襟の先にボタンがついており、襟を固定できます。

ネクタイを締めれば、襟の全体が軽く持ち上がり、ノーネクタイでも第一ボタンをはずせば身体のラインに沿う美しい形を作ってくれます。

一方、スナップダウンは、襟の裏にスナップボタンが隠されており、襟を固定できるのが特徴です。

襟のボタンが見えない分、ボタンダウンシャツよりもドレッシーな印象が強いのが特徴です。

その他、 清涼感があるブルー系のワイシャツを選ぶとより季節感を楽しめます。

いかがでしょうか?

夏だからと言って、長袖は暑いくて。。。とお思いでしょうが、やっぱりビジネスですので、多少見た目を整えた方がいいですよね。

まぁ、社外に出ない人の場合はこの限りではないと思います。

今回も最後までおつきあい、ありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする