名前が気になって仕方ない香水です。クリニークの「ハッピー」。

こんにちわ。

若い頃から、男性用香水をいろいろ探していますが、なかなか自分の香りというのはみつかりません。

男性用香水は好きなんですが、残念ながら多くのブランドはどうもキツくて、頭が痛くなってしまいます。

自分の好みにあった、でも、鼻にツンと来ないものを探し続けています。

今回は、男性用香水のランキングサイトで名前が気になっているクリニークの「ハッピー」です。

ハッピーという名前は気になるのですが、なぜか軽い感じの響きが香水としてどうかなって思うんですよね。

でも、けっこう人気があるようなので、一度香りを嗅がせてもらいました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




クリニークというブランド

クリニーク ラボラトリーズは、ニューヨークに本拠を置く、エスティローダー傘下の化粧品ブランドです。

皮膚科医の理論に基づくスキンケア化粧品開発によって個々の肌に合った化粧品を使うという発想のもと商品の開発がおこなわれています。

1978年に日本に上陸しました。

当時は、めずらしく百貨店の売り場のロケーション、カウンターデザイン、広告プロモーション、カウンセリング方法、販売員の制服までについて、クリニーク独自の条件を提示し、製品を販売したそうです。

クリニーク 「ハッピー」

そんなクリニークの人気の香水が「ハッピー」です。

ハッピーのコンセプトは、「つけた瞬間、明るい笑顔が広がります。 ハッピーを運んでくれる。」といった感じです。

皮膚科医の理論に基づくスキンケアブランドが開発した香水ですので、低刺激で肌が荒れやすい人でも安心して使える優しい処方です。
シトラスとフローラルで石鹸のようにさわやかで軽いフレグランスで、キツい強い匂いが苦手な香水初心者にもおすすめです。

さりげなくナチュラルにほのかに香るのが特徴でTPOに関係なくオンでもオフでも気軽に使えます。

年代や性別関係なく万人受けする香りなので、高校生~50代までの愛用者がたくさんいるそうです。

ハッピーフォーメン

ハッピーのメンズ向けが「ハッピーフォーメン」です。

爽やかさが、ずーっと保たれるネイチャープリント製法で、自分はもちろん、一緒にいる人まで笑顔にする、好感度の高い香りです。

香りはもともと控え目な甘さですが、スパイシーさが増しています。

ハッピーに比べるとすこし清潔感というか爽やかさが強い仕上がりです。

トップノート:ライム、グリーンノート、マンダリンオレンジ、シーノート

ミドルノート:フリージア、ジャスミン、バラ、ローズ

ラストノート:イトスギ、ムスク、シダー

スキンケアブランドの香水ということもあり、汗をかきやすい男性にはこのハッピーフォーメンはおすすめです。

口コミを見ても、年齢を問わず体臭や加齢臭予防にも使えるという意見がけっこうあります。

男性向けの香水は、どこかにワイルドさや男性らしさをイメージする香りがありますが、この香水はそういうことろがなく、どこまでも優しくて温かくてオシャレな香りです。

香りの爽やかさの割には、ミドル以上のビジネスマンに合うんじゃないかなって香りですね。

また、どこかで見かけたら香りを試してみたいです。

最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする