社会人18年目。顧客担当の営業になって色々なお客さんを担当しました。中には地方自治体も。

こんにちわ。

社会人になって、18年目、40歳になりました。

40歳以降、顧客担当の営業をやっています。

当初は、中小の流通業のお客さんや食品メーカーのお客さんを担当していました。

社会人18年目。顧客担当の営業になったけど、また東京出張するようになりました。
こんにちわ。 社会人になって、18年目、40歳になりました。 40歳以降、顧客担当の営業になりました。 ま...

自分も社会人になって18年、そうなると自分のいる会社は20年以上の歴史をもつ会社になりました。

20年もビジネスをやっているといろいろな業種の会社をお客さんとして持つようになります。

この時、またぼくは新しいお客さんを担当することになりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




地方自治体関係の特別法人

そんな、うちの会社のお客さんの中に、地方自治体関係の特別法人がありましてそこを担当することになりました。

うちの会社は製造業や流通業のお客さんが多くて、自治体のお客さんはほぼありません。

どんなきっかけなのかは詳細はわかりませんが、地元ということで指名競争入札かなにかで、そこの特別法人の業務システムを落札したみたいです。

その後、そのシステムだけを細々と運用支援しています。

自治体のお客様なのでよっぽどのことがない限り倒産の心配をしなくていいです。

ですが、自治体特有の用語も多く、また契約に関しても一般企業と違って独特で面倒くさいですよん。

ほぼ、新規の仕事をとろうと思うと入札ですよね。

入札にも一般入札や指名競争入札など色々な種類がありますが、いずれにしても金額が優先です。

昔、どこかの1円入札なんていうのもありましたが、いくらいい提案をしても入札額が全てみたいなところがあります。

もしかしたら、最近はそのあたり少しは変わっているのかもしれませんが、少なくとも当時はそうでした。

ただ、ぼくが担当になったときは、そのシステム1つだけで保守・運用と小改善を毎年繰り返すだけでしたので、「随意契約」と言う形で入札ではありませんでした。

随意契約は、国や地方公共団体などが競争入札によらずに任意で 決定した相手と契約を締結することを言いますね。

もちろん、担当していたシステムの周辺のシステムの提案をするときは「入札」に参加していました。

少しでも数字を増やす努力は営業としては必要でしたからね。

でも、新規の受注。。。まったくとれませんね。(笑)

そういった案件は、うちの会社よりももっと老練な中小企業の社長がかっさらっていきますね。

あと、とにかく面倒くさかったのが、履行保証保険でした。

随意契約で契約更新のたびに、この履行保証保険をかけないといけなくて。。。

この保険は、保険契約者である建設工事の請負業者等の債務者が、請負契約等に基づく債務を履行しない場合に、被保険者である発注者等の債権者が被る損害を担保する保険のことです。

情報システムの開発案件でもやっぱりプロジェクト物は普通の買い物ではないので、ちゃんとしたものが納品されないことがあるということでしょうね。

何がやっかいかというと、うちの会社は現金取引ができないんですよね。

でも、保険ってやつは、現金で払わないといけなかったわけです。

結構社内の例外申請をいっぱい提出して毎年なんとか保険をかけていました。

幸いなことに1度も保険のお世話になったことはなかったです。

広がりのないビジネスです

まぁ、そういう感じですのでうちの会社では既存のシステムの運用や保守以外ビジネスに広がりはありません。

うちの会社はどんどん成長する中で社内のルールや規制がめちゃめちゃ強化されていく一方で、自治体系の契約プロセスはいつまでも旧態依然としていましたからね。

あまりの契約毎に関するギャップが広がり過ぎてどうしようもすることができませんでした。

しかも、ある程度入札に参加しないと、翌年の入札資格に影響しますしね。

入札資格を持っていないと、随意契約も結びにくいですから。(笑)

あと、なんでもかんでも請負契約です。

昔は我々のような情報システム開発の業界は請負契約ばかりでしたが、今はフェーズごとの契約が主流です。

設計やテストは、準委任契約にすることが多いのですがお役所はそれを良しとしないところがまだまだ多かったです。

加えて、予算の決定が議会の開催時期に左右されたり、補正予算なんかに入ってしまうとなかなか決まらなかったりと、気苦労ばかりをすることが多かったです。(笑)

結局のところ、まったくシェアが広がらない中で、6年ほど担当して他の営業に引き継ぎました。

その後、撤退が決まって技術者を全員引き揚げたと聞いています。。。

社会人18年目。顧客担当の営業になって色々なお客さんを担当しました。中には金融機関も
こんにちわ。 社会人になって、18年目、40歳になりました。 40歳以降、顧客担当の営業をやっています。 ...

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツとスポンサーリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク