社会人19年目。顧客担当の営業になって色々なお客さんを担当しました。中には化学メーカーも

こんにちわ。

社会人になって、19年目、40歳を過ぎました。

営業に異動になって約5年。

この歳になるとなかなか営業という仕事にも慣れません。

そういえば、20代の時に

お前は営業に向いていないから、営業以外の仕事についたほうがいいよ。

と言われたことをたまに思い出します。

顧客担当の営業になってからは、業種問わず色々なお客さんを担当しています。

1つ1つのお客さんとの取引があまり大きくないので、結構な数のお客さんの担当をすることになっています。

前回は、アパレル会社の担当になった話をしました。

社会人19年目。顧客担当の営業になって色々なお客さんを担当しました。中にはアパレルも
こんにちわ。 社会人になって、19年目、40歳を過ぎました。 営業に異動になって約5年。 こんな中年なのに...

そして、またまた新しい業種のお客さんを担当することになりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




化学メーカー

化学メーカー。。。。薬品なんかと同じでやっぱり化学メーカーといってもいろいろです。

炭素繊維系も化学メーカー、化学薬品も化学メーカーになりますかね?

化学繊維も化学メーカーですよね。

ぼくが担当したのは中堅の関西系化学メーカーです。

今回は、実は新規の取引です。

ぼくは新規の取引は正直苦手です。

特にメーカーなどですと大きなところは、口座を開かないといけませんよね。

実際の取引以前に、口座があるとかないとか、口座がひらけるとかひらけないとかそういったややこしい手続の交渉をしないといけません。

未だに口座をひらくとか、ひらかないとかがよくわかりません。(笑)

まぁ調達部門や、資材部門にしてみれば取引先の数が多くなれば管理が大変ですし、価格交渉も大変でしょうからそういったことが必要なんでしょうね。

今回のお客さんも過去に何度か、うちの会社で提案はしてきたもののなかなか受注に結び付かなくて、口座がない状態が続いていた会社です。

そして、ぼくが今回担当になったところで、たまたまですがうちの会社の得意分野のところで提案コンペに入れてもらえることになったわけです。

と、いったわけで久しぶりに頑張りました。

基本的にエンジニアに提案書を作ってもらうんですが提案書の文言のチェックや提案プレゼンのリハーサルなど、念入りに念入りにやりましたよ。(笑)

提案規模はとても小さかったんですけれどね。

今回はなんとしてでも口座を開けたらッてことも思いました。

でも、なかなか取引が拡大できず

この化学メーカーのお客さん、いろんな意味でうちの会社のお客さんになってくれるといいなって思うことがありました。

ひとつは会社の規模。

大きすぎず、小さすぎずといったところで、ある程度のシステム投資を毎年していそうなところがまずいいと思いました。

あとは、立地としてうちの会社のオフィスからあまり遠くないってこと。

本社はもちろん、いくつかの工場は関西にあってどこの工場もそんなに遠くありません。

いくつかは遠くに工場がありましたが、1つ2つなので気にしなくていい程度です。

そして、その時の担当者は論理的な考え方をする方で、技術よりのうちの会社にぴったりでした。

まぁ、そんなわけで提案を一生懸命頑張りました。

が、残念ながら結果的にはコンペには勝てませんでした。

ただ、その次の提案にも声をかけていただきまして、もう一度頑張りました。

そして、なんとか今回はコンペに勝ちまして、めでたく口座を開くことができました。

口座を開いてから、数年に渡って何件か仕事をいただいたのですが結局のところ大型の受注には結びつきませんでした。

ちょうどその時、他の業者が大規模パッケージ(もちろん、ERPパッケージ)で基幹システムの大半を再構築している時期でした。

なので周辺の小さなシステムしかまわってきませんでした。

残念ながら営業力のあまり高くないぼくがそのことを知ることになったのは担当者といろいろ話をするようになってしばらくしてからのことです。

そうこうするうちにシステム投資は一巡し、お客様社内のシステム要員が余ってきて、いままで、うちの会社などに発注されていた仕事は内製化されました。

それからしばらくして取引がほとんどなくりまして、フェードアウトです。(笑)

結構、いいお客さんだったので長くつきあえたらと思ったんですけれど、残念です。

社会人20年目。パッケージソリューションをまた立ち上げることになりました
こんにちわ。 社会人になって、20年目、41歳を過ぎたころの話です。 営業に異動になって約6年。 この歳に...

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする