アセンブラが書けなくても、C言語が書けるなら大抵はなんとかなるはず「C言語」

こんにちわ。

パソコンが一般的に普及し始めた初期の頃は、プログラミング言語としては「BASIC」がとても広がりました。

でも、BASICって覚えやすいんですが、言語の仕様としてはけっこう欠陥があったりしたわけです。

そうなると、より良い言語を使おうということになると思いますが、かと言って大型コンピュータで使われているCOBOLやFORTRANなどの時代物の言語はどうも。。。

といった訳で、ポストBASICを狙って色々な言語が出てきたわけですが、その中でもっとも普及したのがC言語です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




C言語について

C言語は、しーげんごと読みます。

プログラミング言語の一種で、1972年にもう今はないアメリカAT&T社ベル研究所のデニス・M・リッチーさんとブライアン・W・カーニハンさんによって開発されました。

元々は、UNIXの移植性を高めるために開発されました。

UNIXの大部分はC言語によって書かれたそうです。

C言語は高級プログラミング言語でありながら、言語の中ではOSを記述するなど結構アセンブラに近い言語だったんです。

当時のC言語の仕様は開発者のお二人の名前からK&R版と呼ばれています。

今はANSI規格です。

そして、お二人のC言語に関する著書はバイブルと呼ばれています。

ところで、なぜC言語なんでしょうか?

じつは、B言語というプログラミング言語の後継として作られた言語だからです。

単純な命名ですよね。(笑)

B言語とは、AT&T社ベル研究所のケン・トンプソンによって開発されたプログラミング言語ですが、B言語の名前の由来は、よくわかりません。

BCPL(Basic Combined Programming Language)というプログラミング言語の名称から来ているとも言われています。

このC言語ですが、UXIXの普及にあわせて、広く利用されるようになり、その後、その他のOSでも利用されるようになりました。

普及した理由ですが、ハードウェアに密着したコーディングが容易であったことと、言語仕様が小さくコンパイラの開発が容易であったこと、少ないリソースで実行可能なプログラムの開発が容易であったことなどが挙げられます。

当時は、まだまだパソコンを含む小型のコンピュータのリソースは少なくパフォーマンスも低い時代でしたので、C言語のような言語が歓迎されたのだと思います。

また、UNIXでの実績があったことや、解説書がたくさん出版されていたこともC言語の普及に一役買ったのだと思います。

C言語の特徴

C言語の特徴ですが、まずは、手続き型のプログラミング言語で、比較的、後発の言語なのでばっちり構造化プログラミングに適した言語使用になっています。

BASICなどのような行番号等がなく、記述の自由度が高いのが特徴ですね。

そして、コンパイラ型の言語で、プログラムの実行速度が速いんです。

しかも、プラットフォーム依存の言語仕様がないため、プログラムの移植性も高いです。

なので、今では利用できるプラットホームがとても多いですね。

言語的には、記述量を少なくするような仕様になっていて言語仕様が小さいプログラミング言語と言えます。

その分、初心者にはとっつきにくいと思います。

ハードウェアよりの低水準な処理も記述可能で、アセンブラとの親和性が高いのも特徴です。

多くの処理系でC言語のコードの中にアセンブラ(インラインアセンブラ)を記述することができます。

そして、プログラムの実行に必要なハードウェアリソースが少なくて済むようになっています。

また、普及度が高いプログラミング言語なのでコンパイラやC向けのエディタが豊富なので、開発環境を整えるのが容易です。

また、プログラマーにとってはC言語は影響を与えたプログラミング言語が多いことから、C言語を学習しておけば、他の言語の学習も容易であるというメリットもあります。

C言語はとても優れた言語なのですが、最近のパソコンなどは昔に比べて高機能、高パフォーマンスになりました。

現在では、GUI環境やオブジェクト指向の普及により、C++やJava、各種スクリプト言語のシェアが増えているのが実情です。

なので、C言語は業務用開発やフリーソフトウェア開発、リソースが限られている組み込みシステムなどで今は主に利用されています。

また、業務用システムの開発などにおいてはC言語は高級言語といわれながらも多くのプログラマーにはちょっと敷居が高い言語と思われているようです。

そのため、より一般ユーザーに近い人がプログラムを書くときや、速度を意識しないプログラムを書くときはBASIC、よりプロのプログラマーや、より速度の速いプログラムを書く必要がある場合は、C言語を使うといった棲み分けもされてきました。

現在ではVisualBasicとVC++の使い分けですね。

まっ、実際には現在はJava派がどんどん増えているので、2強というわけではないです。

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする