ビジネスマンの身だしなみ。ビジネスシューズはやっぱり紐靴が正式なの?

こんにちわ。

どちらかと言うとダメな社会人だったぼくが言っても説得力がないのですが、ビジネスマンにとって身だしなみは、やっぱり大切です。

最近の若いビジネスマンは、オシャレです。

でも、オシャレとビジネスマナーはちょっと別物ですので、時々気になることもありますよね。

ビジネスマンの身だしなみ。ぼくらは腕時計をいつからしなくなったのか。
こんにちわ。 どちらかと言うとダメな社会人だったぼくが言っても説得力がないのですが、ビジネスマンにとって身だしなみは、やっぱり...

ビジネスマンが仕事で身に着けるアイテムに革靴があります。

ビジネスシーンにおいては、革靴であればどんなタイプのものでもいいのでしょうか?

ちなみにぼくは、ローファです。

でも、ビジネスマナーから言うと紐靴でないといけないようなことを聞いた記憶があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




革靴にも格があるらしいです

そもそも、革靴を履く機会はビジネスや結婚式、お葬式など実は結構あります。

革靴と言っても種類がたくさんあり、シーンによってどんな靴を履けばいいのか迷うこともあると思います。

ストレートチップ、ウイングチップ、プレーントゥ、Uチップ、Vチップ、モンクストラップ、ローファ などなど。

そのような中で、ビジネスシーンではどれかというと、ストレートチップやプレーントゥであれば間違いないようです。

色は、黒と茶系を持っていると便利。

また、ウィングチップ、モンクストラップなどもスーツスタイルによっては合わせられます。

毎日スーツを着るのであれば、種類や色の異なる靴を多数持っていれば、スタイルや季節に合わせて楽しむことができます。

その一方で、ビジネスで不向きなのはスウェード素材の靴です。

Uチップの靴もカジュアルな印象があるため一般的なビジネスシーンでは不向きといえるそうです。

ぼくがはいているローファ。

やっぱり、ちょっとカジュアルでビジネスシーンには不向きなよう。

レストランのような少しカジュアルな場所であったり、結婚式の二次会などであれば、ローファーはOKのようです。

取引先にローファで行くのは?

ビジネスマナーで言うと、もちろんNGです。

革靴だから、失礼ではないかというとそうではありません。

先にもお話したように靴にも格付けがあります。

ローファーはたとえ革靴であっても、ヒモ付の革靴よりは格が下がるカジュアルなものです。

先輩がヒモ靴なのに、自分がローファー、こういうのはありません。

一応、ベルトで止めるモンクストラップも、ヒモ靴よりはカジュアルです。

もちろん、カジュアルとされるものでも、上司世代であれば、おしゃれのひとつとして認められることもあるでしょうし、業界やシチュエーションによっては許容範囲は変わってきます。

ですが、目上の人に同行したり、会ったりする場合は、基本に忠実な服装を心掛けておくようにした方がいいようです。

つまり、自分=会社という意識が大切ということですね。

会社という組織に属している以上、個人ではなく、会社の代表であることを忘れてはいけませんね。

とはいうものの、絶対NGとは言い切れない

らしいです。。。

さすがに、

  • 新規開拓の営業
  • リクルートスーツ
  • 新卒の新入社員

は、足元に気を付けた方がいいと思います。

街中で、多くのビジネスマンの足元を見てみると、意外とローファをスーツに合わせている人いるんですよね。

なので、個人的には一定の範囲ではビジネスシーンでもローファはありかな?と思っています。

たとえば、次のようなことに気を付けて靴を選ぶといいと思います。

  • 型押しや、スエード調ものは避ける。
  • できれば、黒またはダークブラウンのものにする。
  • ローファは履いているうちに伸びてくるため、すこしきつめのものを購入する

いかがでしょうか?

もしくは、もちろん紐靴よりは格はおちますが、ローファよりももうちょっとフォーマルなストラップシューズに替えるのもいいかもしれません。

履き脱ぎは、ローファーのように容易な反面、ローファよりも重厚感がありますね。

結局、ぼくの場合は20代の頃は紐靴でしたが、そのあとはずっとローファです。

業界的に、服装についてはちょっとゆるい感じですので。

最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする