ビジネスマンの身だしなみ。ぼくらは腕時計をいつからしなくなったのか。

こんにちわ。

どちらかと言うとダメな社会人だったぼくが言っても説得力がないのですが、ビジネスマンにとって身だしなみは、やっぱり大切です。

ビジネスマンが仕事で身に着けているアイテムに腕時計があります。

でも最近、時計をしてない人多くないと思いませんか?

腕時計をしていないビジネスマン、身だしなみ的にどうなんでしょうね?

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ビジネスマナーと腕時計

昔は社会人になった時、必ず用意しておきたいと言われたアイテムの一つが「腕時計」でした。

ですが、今の学生の多くは時間を知りたいときは、スマホ・携帯電話を見て済ませることが多いですよね。

そして最近は、商談の席でも平気で携帯電話を机上などに出しているビジネスマンをけっこう見かけます。

腕時計代わりに時間を確認するために使っている人が多いようですが、これはやはりビジネスマナーとしてはNGなんです。

確かに携帯電話でも時間を確認できますが、携帯電話はいつ鳴りだすか分かりません。

電話に出る出ないに関わらず大事な商談の最中に電話が鳴れば相手に気を遣わせてしまいます。

時間を確認したいのであれば腕時計を着ければ済む事です。

腕時計は必ずしもしなければいけないものではありませんが、ビジネス・フォーマルなシーンでは必要な場合は多いです。

打ち合わせをする部屋に時計があるとは限らないので、こういったケースを考えると、やはり腕時計はしておくべきでしょう。

ビジネスマンとして腕時計を身に着け、商談中は携帯をマナーモードに切り替え鞄の中にしまっておく。

これが最低限のマナーであると認識しておきましょう。

どんな理由があるにせよ、腕時計をしないこと自体をビジネスマナー違反とみる人もいるので、社会人としては心にとめておくことが必要ですね。

腕時計をするのなら

では、ビジネスシーン、フォーマルシーンにふさわしい腕時計はどんなものかといいますと、

以下の3点に気をつけておけばいいと思います。

  • デジタル時計よりもアナログ時計
  • スーツ・靴に合わせたベルト・ストラップを選ぶこと
  • メタンベルトより革(レザー)ベルト・ストラップを選ぶ

なぜビジネススーツに時計が必要かというと、それは時計を身につけておくということで「時間をきちんと守る」ということをイメージとして相手に与えることができるためです。

ですのであまりにも安っぽい時計ではその信頼感も半減してしまいます。

ある程度高級感を感じさせるものにしておくということで、狂いのない時間管理をしているということを印象づけることになります。

ロレックスなど高級腕時計を若手が使っていると好印象を与えませんし、反対にGショックなどの時計でも、あまりいい印象を与えかねないということですね。

ビジネスアイテムの着こなしの基本はあくまでも歳相応ということです。

ゆっくりそうした高級アイテムが似合う一人前の大人になっていけるよう努力を重ねていくことが大切ですね。

ぼくの場合は時計してません

確かにビジネスマナーとしては、腕時計をしていた方がいいでしょうし、実際ぼくも20代、30代の頃はしていました。

Gショックを持っていましたけれど、会社にしていくのは別の時計でした。

でも、40代、50代になって腕時計をする日がどんどん減って、最近ではほぼ腕時計はしていません。

腕時計をしていれば「時間をきちんと守る」ということをイメージとして相手に与えることができるというのは、そうなんでしょうが時代の流れといいますか、実際、腕時計をしない人はどんどん増えているように思います。

いずれは腕時計をしないと社会人として失格だという考えは、少しずつ廃れていくような気がします。

現代社会では社会人ともなれば、嫌なくらいに時間に追われ、時間を意識することになってしまいます。

それはある意味、結構なストレスです。

もし、時計をつけないことで、ややストレスから解放されるのであれば、それはそれでいいことじゃないかと思います。

ぼくの場合は、腕時計をすることで腕に違和感を感じやすくて、肩もよく凝るので、そういった負担をできれば軽減したいです。

なので、マナー的にNGだとは心のどこかで感じてはいるんですけれど、腕時計をしない人が増えていることもあるので、腕時計はしなくていいかなって考えになっています。

最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする