「頭が良くなる」薬があったら使いたいですか?

こんにちわ。

もしも、「頭が良くなる」薬があったら使いたいですか?

受験を控える小学生、中学生、高校生なら絶対ほしいですよね。

最近は、未承認薬からサプリメントまで、そういった薬が普通に売られているようですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




「頭が良くなる」未承認薬、個人輸入を禁止へ

「頭が良くなる」などの触れ込みで使われている未承認薬について、6月22日に厚生労働省は、個人輸入を原則禁止する方針を決めたそうです。

この未承認薬「スマートドラッグ」と言うそうで、もともとてんかんや注意欠陥・多動性障害(ADHD)の治療に使われる薬なんですが、最近、個人輸入の代行業者が集中力向上や学習能力の改善などといった宣伝で輸入販売しているんだそうです。

健康被害や乱用につながる恐れがあるため、危険なので禁止されることになるようです。

スマートドラッグって何?

既に勉強をしなくなって長いぼくは、そもそもスマートドラッグって知りませんでしたが、スマートドラッグはこういうものです。

スマートドラッグ(英: smart drugs)は、人間の脳の機能や能力を高めたり、認知能力や記憶力を高める薬品や物質の総称である。

  (出典:ウィキペディア)

薬品や物質の総称とあるように、狭義には医薬品のみを指すのですが、広義には栄養素やサプリメントや健康食品などを含めることもあるようで、何をもって規制対象になるのかは、勉強不足で申し訳ないですがちょっとわかりません。

中には、サプリメントを含め、過大広告なんかをしているものあったりするのかもしれません。

そういったものをひっくるめて、危険なので禁止する方向なんでしょうね。

サプリメントなら安全なのかな?

処方箋の必要なお薬や、危険ドラッグの類となると安易に使用しちゃいけませんが、サプリメントや健康食品ならどうなんでしょうね?

非合法はいけませんが、合法的に入手できるものならサプリメントや健康食品は別に利用してもいいんじゃないでしょうか?

たとえば、日本でも脳にいいと言われている「DHA」や「EPA」を主成分とするサプリメントなんかもスマートドラッグの中にはあるようですが、そういうものは日本製のサプリメントもありますし、規制する必要もないと思えます。

脳に栄養を与えて,血流をよくし、注意力の改善に効果があるといわれるスマートドラッグの成分は主にホスファチジルセリンというものらしいですが、これにいたっては、DHCのサプリメントのシリーズでも普通に販売されていたりしますしね。

ただ、いくらサプリメントや健康食品と言えども国内産以外についてはどんな成分が含まれているかは正直わかりませんので、試す前には安全性を十分に確認したほうがいいのは言うまでもありません。

そこまでして頭が良くなる必要あるのでしょうか?

と、長くなりましたが、ここまでは前置きです。

さて、こんな「頭が良くなる」薬、やっぱり使いたいと思いますか?

受験勉強を控えていて、そしてなかなか成果が出ていない人にとっては喉から手が出るほどほしいですよね。

また、物忘れが多くなったり、ちょっとボケてきたかなと思う中高年にとっては自分の健康が心配になって、試してみたくなりますよね。

(ぼくの場合は、あるとすればこっちかな。。。)

でも、個人的には色々と頼りたい部分はもちろんあります。

でも、安易にこういうものに頼ってしまうってのもどうかなぁとも思うわけです。

極端なことを言ってしまうと、これらの栄養素を食事でとるのか、サプリメントでとるのかの違いでしかないわけですが、やっぱり何事も最初はとことん頑張ってみるとか、あがいてみるとか。。。

人間にはそういうのが時々必要だと思うんですよね。

なので、そういうサプリメントや薬に頼る前に、勉強ならとことん暗記するとか、人の何倍も問題を解くとか、物忘れが多いなぁと思ったら、何度も何度も今日やることを思い出す努力をするとか、復唱するとか、いろいろやってみたほうがいいように思います。

何かに頼るという「依存」。

それをあまり頻繁にやってると、依存症とまで行かなくても心が弱っちゃうような気がするんですよね。

何かに頼っちゃってて、急にその頼るものがなくなったとき、ボーゼンとする自分は想像したくないです。(笑)

日本は、やっぱり学歴社会ですし、これからは格差社会になっていくと言われていますので、どんなことをしてでも少しでも上にあがろうというのは自然な感情なんですけれどね。

でも、できれば最終的には自分が一番頼れるという感じでいたいですよ。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする