社会人14年目。秋田県への冬の出張で雪に埋もれて凍死するんじゃないかとビビった話

こんにちわ。

社会人になって14年目の話です。。

年齢的にも30代も半ばを過ぎました。

このころ、東京の小さなコンサルティング会社に出向中で、出向してからは、コンサルティングスタッフとして中堅企業や中小企業を中心にコンサルティングとその周辺の仕事をしています。

前回まで、親知らずの治療中に秋田県に出張して大変だった話を書きました。

社会人14年目。秋田県への出張と親しらずの苦い思い出
こんにちわ。 社会人になって14年目となりました。 30代も半ばを過ぎました。 東京の小さなコンサルティング会社に...

親知らずはなんとか、乗り切りました。(笑)

今回は、その後の話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




秋田で講演の仕事のその後

前にもお話したのですが、宮城県での食品製造業の配送センターの仕事したことで、秋田県のとある水産加工の会社さんのグループが生鮮食品の配送センターについてレクチャーしてほしいという仕事が舞い込みました。

最初、1回、講演会をやってそのあと何回か会議に出席してアドバイスしてほしいという話でした。

1~2か月に1回程度3回ほど、秋田に出張して会議に参加します。

この時は、上司のコンサルタントのお供ではなくて、一人で行っていました。

実際、このお客さんたちは配送センターを立ち上げる可能性のあるところはなさそうだし、物流センターのシステムの勉強で終わりそうなので、一人でやってくれる?ってのが上司のお言葉。

1回の会議も2時間程度なので日帰りでいったり、1泊でいったり気楽な仕事でした。

新幹線で行くと時間がかかるので、飛行機で行っていました。

最後の訪問は1月の終わりぐらいだったと思います。

豪雪は怖かった

その日は朝から飛行機で現地に入ったのですが、その時期ですので秋田はあたり一面、真っ白でした。

朝から天気が良くて気持ちいい日だったんですよね。

午後の会議に出て終わったら、夕方でもうあたりは少し暗くなっています。

なんとか最終の飛行機に間に合いそうなので、タクシーを呼んでもらい、秋田空港に行くことしました。

タクシーを待っていると雪が降り始め、タクシーに乗った時にはかなりの雪とちょっと風が。。。。

その日は少し郊外のお客さんの事務所で会議があったんですが、タクシーでしばらく走るとものすごい雪が降り出しました。

うわーっ、前が見えないじゃん。

ものすごい雪でワイパーを動かしても、動かしてもどんどん、フロントガラスに雪がくっつきます。

でも、地元の運転手さんですよね。。。平気で運転しています。

ところがですね。。。坂道で停車したときに、スノータイヤだと思ったのですが少し滑ったんですよね。。。

こわっ

日陰になっていたりした部分が凍っているみたいで。。。

そのあと何回か、滑った感じでそのたびにビクビクしました。

更に雪は激しくなるし。。。。

えーっ、こんなので空港にほんとに着けるの?

と、運転手さんに聞く勇気もなく、静かにタクシーに乗ってました。

凍死、凍死、凍死。。。

関西人です。

雪に慣れていません。

途中で立ち往生だけはやめてください。。。

はい、到着しましたよ~

雪のせいであんまり外が見えなかったのですが、こういうのは普通らしく、普通に空港に到着しました。(笑)

いやー、怖かったです。

冬に東北なんて、関西人にとっては未知の世界ですよ。

というわけで、無事、飛行機に乗れました。

ところで、前回は親知らず治療中でおいしいものを食べることができませんでした。

今回も時間があまりなかったので、ごちそうは食べられなかったのですが、お昼に稲庭うどんを食べました。

稲庭うどんは、秋田県南部の手延べ製法による干しうどんですね。

日本三大うどんのひとつに数えられます。

ひやむぎより若干太く、やや黄色味かかった色をしています。

麺は気泡により中空になっており、そのために食感は滑らかです。

一応、ちゃんとした専門のうどん屋さんを探して食べたので、おいしかったですよ。

社会人15年目。ちょっと変わり種の仕事。図書館の搬送設備の業務設計をすることに
こんにちわ。 社会人になって、ついに15年目となります。 年齢的にも30代も半ばを過ぎました。 SEで言うと定年で...

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする