ビジネスマンの身だしなみ。ワイシャツにアイロンかけは必須?

こんにちわ。

どちらかと言うとダメな社会人に近い、ぼくが言っても説得力がないのですが、ビジネスマンにとって身だしなみは、やっぱり大切です。

最近の若いビジネスマンは、オシャレです。

でも、オシャレとビジネスマナーはちょっと別物ですので、時々気になることもありますよね。

前回は、クールビズでワイシャツは半袖か、長袖かについて書いてみました。

ビジネスマンの身だしなみ。クールビズで夏のワイシャツは半袖?それとも長袖?
こんにちわ。 どちらかと言うとダメな社会人だったぼくが言っても説得力がないのですが、ビジネスマンにとって身だしなみは、やっぱり...

今回もワイシャツの話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




シワのないスーツもビジネスマナーです

クリーニング代節約のために、ワイシャツを自分で洗濯する人がいます。

かく言うぼくもそうです。

それ自身は問題ありません。

しかし、問題なのは洗濯後です。

洗濯後にアイロンをかけない人がけっこういるそうです。

最近では、形状記憶のシャツもないことはないですけれど、何回も着ているうちに。。。シワシワですよね。(笑)

アイロンをかけないと、ワイシャツはしわでよれよれになります。

節約のためとはいえ、そんなみすぼらしい格好で仕事をしているとどうでしょうか?

しわでよれよれのシャツを着ている人は、仕事ができなさそうに見えてしまうのです。

しわのないぴんと伸びたシャツを着ている人のほうが、仕事もできるように見えます。

このようなことからシワのないシャツはビジネスマンのマナーといえますね。

仕事もがんばりながらも、見た目も大切にする人が、できるビジネスマンです。

洗濯をしたワイシャツは、きちんとアイロンを掛けるようにしましょう。

では、シャツのアイロンがけについてちょっとご紹介します。

アイロンがけの基本はシャツのパーツから順に行なっていくのが基本です。

襟⇒袖口⇒袖⇒シャツの前面⇒シャツの背面という順番でアイロンをかけていくのが、最もオーソドックスなスタイルになります。

襟のアイロンは基本的に襟元から中心に向かってかけていきます。

袖口も同じで左右から中心に向かってかけます。

袖のアイロンがけの基本は袖口から上へ、体側から外側へという方向で行ないます。

シャツの前面のアイロンがけは外側から内側に向かって行い、ボタン部分はボタンを守るためシャツ表面ではなく裏側からアイロンがけを行います。

シャツの背面は肩側つまり上から下に向かってアイロンを動かすとキレイにシワが伸びます。

そして、ワイシャツは服の中で一番汚れやすいもので、できれば「のり」を使ってアイロンがけができるようにしましょう。

のりの付いているシャツは汚れが付きにくい状態になります。

めんどくさがりの救世主

このようにビジネスマンにとって、しわのないスーツやシャツを着用するのは最低限のマナー。

しかし、アイロンがけは面倒くさい。。。ですよね。

主婦でも、アイロンがけが好きな人は少ないんじゃないでしょうか?

服に立体感があればあるほど、アイロンじわもできやすいですし、生地の素材によっては、当て布をしなければならず、面倒です。

そんな人には、衣類スチーマーを使ってほしいと思います。

衣類スチーマーはスチーム機能に特化した衣類ケアアイテムで、最大の特徴は衣類をハンガーにかけたまましわ伸ばしができる点です。

アイロンのようにコツが要らず、アイロン台も出さず、ひたすらしわにスチームを当てるだけなので、誰でも簡単に使えますよ。

もしも、アイロンの購入を検討しているが、うまく使いこなす自信がないというのであれば、まずは衣類スチーマーを買ってはどうでしょうか?

衣類スチーマーですが、しわ伸ばしができるだけではありません。

スチームには繊維に吸着したニオイを吸収して放出する作用があるので、実は消臭効果も期待できます。

ワイシャツだけでなく、特にスーツは自宅で洗えないものが多いため、汗やたばこ、食べ物のニオイが気になったとき、しわ伸ばしついでに消せる効果も期待できますよ。

いかがでしょうか?

今回も最後までおつきあい、ありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする