社会人31年目、54歳のおじさんの仕事の悪戦苦闘もそろそろ終わりです。(その5)

こんにちわ。

社会人生活もついに31年目。

53歳?54歳。。。。

ようやく、現在の年齢に近づいてきました。

社会人生活だけでなく、勤続も31年です。

自分もそうですが、自分の勤める会社も潰れずによく続いています。

さすがに仕事をするパフォーマンスというかスピードもだんだん落ちてきました。

気力も続きません。

そういえば、数年前から花粉症にもなりました。

そんな中、40代の終わりになって、担当した大規模プロジェクト。。。

5年目を迎えました。

当初の2~3年はトラブル、トラブルでまったくうまくいっていません。

ですが、プログラムの開発作業に入ってからは少し安定してきました。

社会人30年目、52歳のおじさんは新しいお客さんを担当して悪戦苦闘(その4)
こんにちわ。 社会人生活もついに30年目。 52歳。。。いや、53歳かな???? 社会人生活だけでなく、勤...

そして、最終的なテスト段階に入っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




技術者たちはまだまだ忙しいけれど。。。

ある電気メーカーのシステムを刷新する大規模なプロジェクト。

当然、うちの会社で全部をやるわけではありません。

うちの会社が担当しているのは、全体の2割程度。

そんなプロジェクトも担当している各社のパートの作業も終盤となり、全体的なテストに移行しはじめました。

そうなると今度は各社が開発したシステム間のインターフェースがうまくいかないってトラブルが頻発しました。

ですが、それは想定内。

お客さんもスケジュール的にも余裕をみています。

問題は。。。それ以前の開発やテストをきっちりやっていなくて、今頃になって担当した内部での不具合が頻発しているところがあるということ。

その会社の担当しているところだけでなく、他の会社の担当部分もそのトラブルが解消しないとテストが先に進まずに手待ちの状態になってしまいます。

幸い、うちの会社の担当部分は比較的品質がよくて。。。まぁ、手待ちのチームに入ってます。(笑)

そんなこんなで、うちの技術者たちは忙しくしていますが、プロジェクトのヤマ場は越えて、トラブルもそんなにでなくなった今、営業のぼくは比較的ヒマになっています。

何年かぶりのちょっとヒマな日々を送っている感じです。

後始末モードに移行

ぼくがヒマになりつつあるのは、実はもう1つ理由があります。

どうも、次の年度末でまた、組織変更があってぼく自身もどっかに飛んでいくみたいなんですよね。

そうです、組織変更に伴って異動になります。

なので、あんまり目立った営業をしなくていいというか。。。目の前の担当している仕事をしっかりやりきれ!というのが上司の指示なんですよね。

やり切れと言われても。。。後始末のような仕事しかないんです。

というわけで、この年の後半には大半のテストが終了しました。

ただ、トラブルを抱えた一部システムがあるので本稼働はまだ先のようです。

そろそろ次の異動が来るようです。

やっと、実年齢に追い付きそうです。

一旦、この記事のシリーズはここで終わりかな。

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする