社会人28年目、50歳になりました。新しいお客さんを担当し悪戦苦闘(その2)

こんにちわ。

社会人生活も28年目となりました。

ついに来ました。50歳。(笑)

同じ会社に28年。。。飽き性のぼくとしては、よく続いているなって思います。

そして、先が見えてきた。。。そんな感じも少しづつしてきました。

40代の終わりになって、大きなお客さんを担当することになりました。

大きいと言いながらも新しいお客さん、新しい大きな仕事。。。これをやり遂げなければ、継続的なビジネスはのぞめません。

社会人27年目、50歳を前に組織変更で新しいお客さんを担当
こんにちわ。 社会人生活も27年目を迎えました。 同じ会社に27年。。。飽き性のぼくとしては、よく続いているなって思うこ...

かなり大きなプレッシャーの中で要求仕様を決める作業を延々と続けて1年近く。。。やっと開発のスタートが見えてきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




全部担当するわけではありません

ある電気メーカーのシステムを刷新するこのプロジェクト。

当然、うちの会社で全部をやるわけではありません。

正直言うと、うちの会社の規模からいって、そんなにたくさんのシステムを担当できるわけではありません。

概ね、2割ぐらいですかね?うちの会社の担当は。。。。

それでも、10億円規模のボリュームです。

うちの会社の体力からいくとそれ以上は到底無理。

がんばればなんとかならないこともないのですが、責任をもってやれる規模はやっぱりこれぐらいでしょうか?

しかも、得意分野、不得意分野があるので不得意分野はできるだけ避けたいと。。。今回はなんとか得意分野だけで勝負できる感じです。

それでも、トラブルつづき

それでも、開発当初からトラブル続きです。

そもそも要求仕様を決めたものの、お客さんにレビューしてもらうと抜け漏れの連続でした。

1年近くお客さんと打ち合わせをしてきたにもかかわらずですよ。(笑)

お客さんからは、

正直、プロとしてもう少し要求仕様をまとめてほしかった。。。

と、散々言われました。

コストもどんどん増えて、遂には赤字です。

とりあえず、設計作業に入っていたのですが、そんな感じですのて設計作業を止めて要求仕様のやり直しをやりました。

時間もないので、技術者はどんどんつっこんだのですが、残業をかなりしないと設計作業に入れずスケジュールは遅れていくばかり。

技術者にはかなりの負荷をかけることになりました。

そのため、何人かの技術者はプロジェクトを離れていき、残った技術者の中には倒れてしまったり、メンタルで離脱したり。。。散々な状態でした。

担当していたリーダーもどんどん、熟練者に交代させていきました。

そんなこんなで4ヶ月ほどかけて、なんとか要求仕様のやり直しが終わり、お客さんからも承認してもらえることができました。

これでやっと設計に入ることができます。。。この先、何もおこらなければいいのですが。。。

社会人29年目、51歳のおじさんは新しいお客さんを担当して悪戦苦闘(その3)
こんにちわ。 社会人生活も29年目となりました。 51歳。(笑) 正直言って、昭和の時代なら定年(もしくは役職定年...

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする