社会人27年目、50歳を前に組織変更で新しいお客さんを担当

こんにちわ。

社会人生活も27年目を迎えました。

同じ会社に27年。。。飽き性のぼくとしては、よく続いているなって思うことも。

それはそれとして、年齢で言うと49歳前後です。

もう50歳ですよ。

毎年、毎年、体のどこかが調子悪くなっていくのがわかります。

ちょっと走るのも、軽やかに走れず体が重い。。。そんな自分にショックを受ける。

そんなこともしばしばです。

40代の半ばから、お客さんを担当する営業に異動になり大きなお客さんを何社か担当するようになりました。

ですが、正直言って大口のお客さんを2,3社持つということはとてつもなく、パワーが要ります。

社会人26年目、お客さん担当営業2回目。大きなお客さんをいくつか担当してお腹いっぱい
こんにちわ。 社会人になって26年目になりました。 年齢で言うと48歳前後です。 そろそろ50歳が見えてきました。...

どうしても、色々なところがカバーしきれずに、ボロがでてクレームになったり、提案がうまくいかなかったり、ミスしたり、失敗したりということが増えてきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




タイミングよく組織変更で異動に

体力的にも大変でしたが、それよりも精神的なストレスの対処が大変でした。

一番、大口のお客さんを担当するようになってそろそろ4年になろうとしたのですが、このお客さんにはいつまでも慣れることができず、提案するときも、技術者にクレームが来た時に誤りに行くときも、いつもストレスマックスだったようです。

年に何回か、じんましんが出たり、帯状疱疹が出たりするようになりました。

そして、そのうちに夜眠ることができなくなってしまって。。。

自分なりには対処療法というか、できるだけ休日は仕事のことを考えないようにしたり、気分転換したりといろいろやってみました。

ですが、お客さんの要求と技術者たちとの間に挟まれることも多くなって、ちょっと限界を迎えたなって気分にそのころなってしまいました。

そんなとき、タイミングよく、また大きな組織変更がありました。(笑)

ほんと、いつもいつもタイミングよく組織変更がある会社です。

そして、新しいお客さんを担当

今回の組織変更は、けっこう大がかりでした。

その影響もあって、ぼくが担当しているお客さんはほとんど、他の営業さんに渡すことになりました。

そして、異動。。。

営業部門も以前よりも人が多くなって、組織が分割されたりということもありましたので、製造業を担当する部署にいたのですが、移動先も隣の部署でやっぱり製造業を担当している部署でした。

それまでもっていた一番大口のお客さんもほかの営業さんに引き継ぐことになり、結局、自分のところには、中堅のお客さんが2社ほど残っただけでした。

そんなんじゃ、予算目標達成できなくなるんじゃなの?って感じですが、そこは上もよく考えています。

別の製造業のお客さんで大きなプロジェクトが始まるので、その営業を担当しろとのこと。。。

要は、それまで苦労してきた大口の製造業のお客さんでの経験を生かせということらしい。

今回のプロジェクトはかなり大きいらしく、うちのような会社やもっと大きいシステム開発をやっている会社なんかが複数の会社で分担してシステムを作るらしい。。。です。

ほんとに、システムの要求仕様を決めるところから営業担当することになりました。

当初はうちの会社からは技術者は数名入っているだけ。。。

それで、そこから1年間お客さんと打ち合わせを繰り返しながら、仕様を決めていき開発規模全体の見積していくと作業をやりました。

結果、見積したコストが全体で、予算の2倍に膨らんだらしく、そのコストをどう抑えるかでかなりハードな交渉が続きました。

およそ4ヶ月ぐらい、見積もりしては値下げ交渉や、仕様の見直しを繰り返しました。

そして、なんとか予算の1.2倍ぐらいまでに収まったところでやっと開発がスタートしました。

もう、そのころには担当営業としては精神的にボロボロになってしまいまして。。。。(笑)

しばらくは、内科や心療内科、皮膚科などのお世話になってしまいました。

さて、これから2~3年かけての開発が始まります。

どうなることやら、先が思いやられます。

社会人28年目、50歳になりました。新しいお客さんを担当し悪戦苦闘(その2)
こんにちわ。 社会人生活も28年目となりました。 ついに来ました。50歳。(笑) 同じ会社に28年。。。飽き性のぼ...

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツとスポンサーリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク