社会人18年目。顧客担当の営業になったけど、また東京出張するようになりました。

こんにちわ。

社会人になって、18年目、40歳になりました。

40歳以降、顧客担当の営業になりました。

まずは、中小の流通業のお客さんを担当することになりました。

パッケージのソリューション営業から変わったばかりで勉強することばかりです。

社会人18年目。担当していたパッケージから撤退、顧客担当の営業になりました。
こんにちわ。 社会人になって、18年目、遂に40歳になってしまいました。 それまで、パッケージソフトとそのカスタ...

そうこうするうちに、パッケージのソリューション営業をやっていた時のお客さんから連絡をもらいました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




東京の食品メーカーのお客さん

それは、東京の食品メーカーのお客さんです。

パッケージの担当をしていたときに提案に通っていて、結局は制約まで行かずに終わりました。

たまたま、パッケージの担当を辞めますという挨拶に行った時のことを思い出して声をかけてくれました。

パッケージの担当じゃなくなったんだったら、一度、開発案件の提案をしてみてくれないか?

との話でした。

実はちょっと困ったとは思いました。

顧客担当の営業になったので、担当のお客さんには何でも売りますということになります。

ですが東京なので、そうそう色々と提案に行けるかと言うと関西から担当するのは難しそう。

ですが、そのお客様が

コンペにしたいんだけど、提案してくれるベンダーが少ない領域なんで、この案件だけでも提案してくれないか?

とのこと。

というわけで、大きな取引に発展しない感じですが、上司の許可をもらって提案することになりました。

原価計算のシステム

意外かもしれませんが、食品メーカーの特に製造現場は、コンピュータシステム化されていないところが結構あります。

それは、特にシステム化が遅れているというよりは、システム化の必要があまりないというった理由が多いようで。

そのお客さんも製造現場はエクセルでいろいろな管理をされていました。

だけど、会社の規模が大きくなってきたために、担当者しかわからないエクセルマクロではどうにも回らないことがしばしばおこるようになったとの話でした。

なので、エクセルでやっていたことをほぼそのままコンピュータシステムに置き換えたいとのことでした。

しかも製造現場でやっていることのうち、原価計算のところだけを替えたいらしいです。

きっと、経営層から原価の管理をもっと精緻にやるように言われたんだと思います。

この原価計算の部分だけを抜き出してシステム化ってところが問題で、ここだけがわかるSEさんって意外と少ないんですよね。

うちの会社にもあまりいないスキルです。

とはいうものの中途半端な提案をするわけにはいかず、どうしたかというと社内の技術者で公認会計士や税理士の資格を持っている人がいないか探しました。

まぁ、いないかも。。。とは思っていたのですがなんとか1人見つけました。

その技術者は他にも仕事をもっていたので、アドバイザー的な立ち位置で入ってもらい、メインで担当する技術者とセットでお客さんからヒアリングし、提案書を作っていきました。

結果っから言うと、無事、受注しました。

めでたくもないか。。。場所が遠いので。(笑)

しかも関西のエンジニアが出張でお客さんと打ち合わせするので、交通費がものすごく膨らみ、実質的には儲けはなかった感じです。

今回はそういった業務に強いエンジニアを充てることができたので大きなトラブルもなく納品できました。

そのあとも別の工場に導入させてもらったり、小改善の仕事ももらいました。

ですが、やっぱり関西からの交通費がかさんで、儲けは微々たるものでした。

それでも、いずれは儲けさせてもらえる?かもしれません。(笑)

儲けは少なかったけれど、受注の数字は増えますのでありがたかったです。

その後、このお客さんは東京の営業に引き継ぎました。

会社の方針でそういうことになりまして。。。まぁ、妥当な判断です。

そして、今のうちの会社の東京の事務所のお客さんです。

社会人18年目。顧客担当の営業になって色々なお客さんを担当しました。中には地方自治体も。
こんにちわ。 社会人になって、18年目、40歳になりました。 40歳以降、顧客担当の営業をやっています。 ...

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする