社会人26年目、お客さん担当営業2回目。大きなお客さんをいくつか担当してお腹いっぱい

こんにちわ。

社会人になって26年目になりました。

年齢で言うと48歳前後です。

そろそろ50歳が見えてきました。

年齢的に、体はもうガタガタです。(笑)

抵抗力も下がって、毎年、正月明けに必ず風邪をひくようになってしまいました。

そんなぼろぼろのぼくですが、40代半ばにまた、お客様担当の営業に逆戻りして、今も四苦八苦しています。

そして、一昨年から大口のお客さんを1社担当しているところに、昨年、さらに少し大口のお客さんも担当することとなりました。

社会人25年目、お客さん担当営業2回目。組織集約でまた大きなお客さんをもう1つ担当することに。。。
こんにちわ。 社会人になって25年目になりました。 年齢で言うと47歳前後でしょうか。。。 もうすぐ50歳ですよ。...

大口のお客さんは、やっぱりうるさいお客さんです。

担当している大口のお客さんはどちらも、いつもいつも新しい提案を求めてきます。

なので、日々ばたばたとしています。

にも関わらず。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




3つめの大口のお客さんを担当することに

にも、関わらず担当する人がいないからと、もう1つお客さんをまわされました。

アパレルの製造・販売をしている会社です。

これまでは、基幹システムの構築や、販売系やウェブのシステムなどをやらせていただいたお客さんです。

それが、システム投資が一巡したとかでほとんどが既存システムの改修と保守になったので、手間もかからないし、ついでにやっとけ。。。みたいな感じで引き継ぎすることになりました。

今持っている2つのお客さんはどちらかというと、電気や機械といった固いものだったのが、製造、販売といいながらもアパレル製品を担当するのは他の2社と違いすぎるので戸惑います。

案の定、お客さんの業務がさっぱりわからず、ただただ、技術者まかせのお客さん対応になってしまい、どうも新規開拓ができません。(笑)

そんな感じですので、客先に行くのも億劫になり、足が遠のいて。。。

今も担当していますが、営業にもかかわらず、月に1、2回訪問するだけといった感じになっています。

ついに金融のお客さんまで

アパレルのお客さんを担当することになったものの、なかなか足が向かなくて。。。そうやってグズグズしていると、まずいことに上から目をつけられました。

あいつはまだ、余裕がある。。。

実際には余裕があるのではなくて、お客さんを持ちすぎてうまくスケジュールが組めなくなっただけなんですが。。。

そして、また、上司に呼び出され。。。もう1件、お客さんを担当するように言われました。

それは、以前に担当していた金融系のお客さん。

こちらも新規案件が増えず、既存の契約で保守や運用といった仕事をずっとやらせていただいているお客さん。

そして、更にスケジュールがうまく組めなくなる始末。。。

結局のところ、ぼくの担当している予算は既存の契約を積み上げた分だけ大きくなりましたが、がんじがらめで動けなくなっているので、数字が伸びることなく翌年は徐々に落ち始めました。

もう、お腹いっぱい。。。

もうちょっとうまく立ち回れたらよかったんでしょうけれど、それができないので困ってしまいます。

それからしばらくは、できることだけを粛々と我慢してこなす日々を過ごしました。

また、組織変更などして、担当の数減らないかな。。。って思いながら。

社会人27年目、50歳を前に組織変更で新しいお客さんを担当
こんにちわ。 社会人生活も27年目を迎えました。 同じ会社に27年。。。飽き性のぼくとしては、よく続いているなって思うこ...

今回も最後までおつきあい、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする